【詳細】ぎふ信長まつり 武者行列に46万人 大きなトラブルなし

俳優の木村拓哉さんが織田信長役を務める「ぎふ信長まつり」の騎馬武者行列が6日、岐阜市で行われました。
市によりますと、6日の人出は過去最多のおよそ46万人に上り、会場周辺は混雑しましたが、大きなトラブルはなかったということです。

俳優の木村拓哉さんが織田信長役を務める「ぎふ信長まつり」の騎馬武者行列は、6日午後1時に岐阜市文化センターを出発し、市中心部の金華橋通りの西側の車道、およそ1キロの区間を練り歩きました。

総勢およそ200人で、火縄銃の鉄砲隊や音楽隊に続いて岐阜市出身の俳優伊藤英明さんや、木村さんが馬に乗って登場すると、集まった人たちから「英明」とか「拓哉」などと大きな歓声があがっていました。

また、手作りのうちわなどを持ってアピールする人の姿もみられ、行列は午後2時すぎにゴール地点に到着しました。

市は金華橋通りの東側の車道におよそ1万5000人分の観覧エリアを設けましたが、抽選で外れた人なども大勢訪れ、行列中は立ち入り禁止にする予定だった西側の歩道にも多くの人がとどまるなど混雑しました。

市によりますと、6日の人出は、前回、3年前の25万人を大きく上回り、過去最多のおよそ46万人に上ったということです。

行列が終わったあと、警察は観客が一度に駅に殺到しないよう先導するなどしたほか、いわゆる「DJポリス」も配置して、落ち着いて行動するよう呼びかけました。

市や警察によりますと、大きなトラブルはなかったということです。

警察や岐阜市の警備態勢は

今回の「ぎふ信長まつり」で、警察や岐阜市は人出が多くなることを見込んで警備態勢を整えました。

まつりで過去に最も多かった人出は、騎馬武者行列の信長役を地元出身の伊藤英明さんが務めた2009年で、行列当日だけで31万人の人出がありました。

一方、今回の木村拓哉さんの行列では立ち見の観覧スペースの定員1万5000人に対し、およそ96万人分の申し込みがあり、これまでない人出になることが見込まれました。

このため警察や岐阜市は、いわゆるDJポリスを配置するなどの警備態勢を整えたということです。

さらに、韓国ソウルの繁華街で起きた事故なども受け、騎馬武者行列開催の直前まで警備態勢の検討を続けてきたということです。

今回の騎馬武者行列に当たり、岐阜市や警察などは、金華橋通りの東側の車道に立ち見の観覧スペースを設け、行列が進む西側車線沿いの歩道については安全対策のため観覧に来た人を立ち入らせない方針でした。

しかし、6日は立ち入り規制を始める前から西側の歩道にも大勢の人が集まっていたほか、歩道につながる道路にも多くの人がいました。

このため市や警察などは、無理に移動させることによる混乱や、さらなる密集を避けるため、急きょ、西側の歩道にも誘導することを決めたということです。

これについて抽せんに当たって、通りの東側の観覧エリアにいた女性が、市の担当者に「不公平だし、危険だ」などと抗議する姿がみられました。

抗議をした岐阜県可児市の50代の女性は「私は抽せんに当たって観覧エリアにいるのに、観覧エリアではない西側の歩道にずっと人がとどまっていて動く気配もない。そこで見ようとするのは不公平です。それに韓国の事故のこともあり、危ないと思います。きちんと対応するよう市の担当者に抗議しました」と話していました。

9:00 観覧エリアへの入場を待つ人で歩道に長い列

午前9時、騎馬武者行列が始まるまで、まだ4時間ありますが、岐阜市文化センター近くでは、すでに観覧エリアへの入場を待つ人で歩道に長い列ができています。

スタッフが入場者に並ぶよう指示しているほか、歩道を歩く人には立ち止まらずにゆっくりと進むよう呼びかけています。

観覧エリアに当選したという岐阜県美濃市の40代の女性は「きのうはわくわく、どきどきで眠れませんでした。木村さんが目の前を通ると思うと緊張しますが楽しみです」と話していました。

同じく観覧エリアに当選し小学生の孫と一緒に訪れた岐阜市の60代の女性は「少しでも前で見たいと思って早く来ました。ルールを守って安全に観覧したい」と話していました。

9:30ごろ 立ち入り規制始まる

午前9時半ごろ、岐阜市文化センターの前では、騎馬武者行列の観覧エリア側の歩道への立ち入り規制が始まりました。

ロープが張られ、警察官やスタッフが、当選した人や同行者だけが歩道に入るよう呼びかけています。

また、観覧エリアでは、柵を並べるなどの設営作業も始まりました。

10:30ごろ 抽せん外れた人に急きょスペース

観覧席の抽せんに外れた人が大勢訪れているため、岐阜市の金華橋通りの交差点では、急きょ、午前10時半ごろから、本来は立ち止まることが禁止されている交差点付近に規制線で区切ったスペースが設けられ多くの人が集まっています。

現場では警察官が「皆さんけがをしないよう思いやりをもって行列をごらんください」などと呼びかけています。

抽せんで落選した人も多く訪れる

騎馬武者行列の会場周辺には、観覧の抽せんで落選した人も多く訪れています。

友人と2人で訪れた岐阜県海津市の60代の女性は「木村さんを一目でも見たいと思って来ました。今はどこから見られるかを探しているところです。警備員もたくさんいるし、あまり不安には思っていません。自分の行動に責任を持てば事故にはならないと思います」と話していました。

同じく友人と訪れた岐阜市の21歳の男子大学生は「数年ぶりのぎふ信長まつりの開催ですし、木村さんや伊藤さんがおこぼれ的な感じで見られたらいいなと思って来ました。岐阜に有名人が来ることが少ないので新鮮な気持ちでわくわくしています。きょうは気をつけて歩こうと思います」と話していました。

11:00前 当選者が観覧エリアの中に誘導

午前11時前、騎馬武者行列がスタートする岐阜市文化センターの前では、歩道の前で待機していた観覧の当選者が観覧エリアの中に誘導されました。

行列のコースとなる車道もすでに規制され、一部に赤いマットが敷かれています。

また、JR岐阜駅の方向から大勢の人が歩道を埋め尽くすように歩いてきていて、警察官や警備員が立ち止まらないよう呼びかけています。

11:30すぎ 訪れた人“すし詰め状態ではない”

午前11時半すぎ、東京から友人と行列が出発する岐阜市文化センターの前に訪れたという50代の女性は「チケットはありませんが、木村さんが見たいです。警察官にここで立ち止まらないように言われました。韓国のようにすし詰め状態ではないので、このまま見られたらいいなと思っています」と話していました。

11:30すぎ 行列側の歩道にも多くの人

午前11時半すぎ、岐阜市の金華橋通りでは、行列が始まる前に立ち入り禁止の予定だった騎馬武者行列が通る西側の歩道に木村さんを見ようとする人が入っています。

警察官と警備員が歩道にいる人たちに移動するよう呼びかけています。

11:55 訪れた人“対策が進んで安全に見ることができたらいい”

信長と濃姫の仮装をした9歳と6歳の孫と一緒に兵庫県から訪れた69歳の女性は「観覧席のチケットは外れましたが、孫たちになんとか信長を見せたくて兵庫から来ました。孫は信長が大好きで私は木村さんが好きなのでこのタイミングが重なってよかったと思います」と話していました。

一方、韓国・ソウルで起きた事故については「あのような事故があったので、対策が進んで今回のイベントは安全に見ることができたらいいのではないかと思っています」と話していました。

12:15 通りの寿司店店主“何も起こらずに終わってほしい”

騎馬武者行列が通る岐阜市の金華橋通り西側にある寿司屋の店主の男性は「本当は店の前は人が来ないはずだったのに、こんなに来てしまった。お店は午前のみ休業の予定だったが、こんな状態だと営業できないので午後も休業にした。警察と市には、こうなることを想定して対策をとってほしかった。何も起こらずに終わってほしい」と話していました。

13:00 騎馬武者行列が始まる

「ぎふ信長まつり」の騎馬武者行列は、午後1時に岐阜市文化センターを出発しました。

13:30前 伊藤英明さんや木村拓哉さんが馬に乗って登場

午後1時半前、岐阜市出身の俳優・伊藤英明さんや、織田信長役の木村拓哉さんが馬に乗って登場すると、集まった人たちから「英明」とか「拓哉」などと大きな歓声が上がっていました。

また、倍率およそ64倍の抽せんに当選した観覧スペースの観客からも大きな歓声が上がりました。

中には、手作りのうちわなどを持ち、アピールする人の姿もみられました。

騎馬武者行列を見た人「来たかいがあった」

騎馬武者行列を見た富山市の60代の女性は「ずっと木村さんのファンで抽せんには落選しましたが、たとえ見られなくてもいいという思いで前日から来ました。木村さんを見られて来たかいがありました」と話していました。

岐阜県各務原市の80代の男性は「当選はしませんでしたが2時間以上待って見ることができました。木村さんはとてもハンサムでした」と話していました。

規制線が張られ見られない人も

規制線が張られたことで、パレードが行われた金華橋通りに近づけなかった岐阜市の女性は「観覧席は落選したけれど、SMAPのファンで木村拓哉さんを見たくて来ました。家族が通りの西側の歩道で場所をとっていますが、忘れ物をとりに家に帰って戻って来たら、規制線が張られていて入れなくなりました。せっかく着替えもして来たのに残念です。家族に写真や動画を送ってもらうし、ここから少しでも見られたらいいです」と話していました。

近所に住む70代の3人組の女性の1人は「新型コロナで中止されていたので久しぶりの信長まつりで楽しいです。外れるだろうと思ったので観覧席には応募はしませんでした。少しでも木村さんを見ることができたらと思って来ましたが、もう規制線が張られていて入ることができませんでした。もう年だし、ここから見られたらいい」と話していました。

今回、初めて見に来たという地元の夫婦は「岐阜に住んでるのに今までまつりに来たことがありませんでした。木村さんが来るし話題だったので来ました。警察が警備をしっかりしているとニュースなどで見ていたので韓国のような事故が起こる不安はありませんでした」と話していました。

13:40ごろ 観覧エリアなどから大きな歓声

午後1時40分ごろ、馬に乗った伊藤英明さんと木村拓哉さんが金華橋通りの交差点に姿をみせると観覧エリアなどから大きな歓声があがりました。

木村さんが交差点の途中で止まって手をあげると訪れた人たちから「拓哉ありがとう」などという声があがっていました。

近くにいた岐阜市の職員は、観覧エリアから写真を撮ろうと身を乗り出そうとしている人などに対し「押さないでください」などと呼びかけていました。

14:00すぎ 騎馬武者行列がゴール地点に到着

午後2時すぎ「ぎふ信長まつり」の騎馬武者行列がゴール地点に到着しました。

会場からは、観客が徐々に帰り始めていますが、市や警察が引き続き警戒に当たっています。

14:30すぎ 観客は警察に先導される形で整列

騎馬武者行列が終わったあとの午後2時半すぎ、観客は警察に先導される形で整列し、通行止めになっている車道を岐阜駅の方向に歩いて戻っています。

14:30すぎ 「DJポリス」が安全な帰宅を呼びかけ

騎馬武者行列が終わり、午後2時半すぎの名鉄岐阜駅には帰宅する人たちが多く集まっていました。

岐阜県警の「DJポリス」が「人が多くなってきました。気をつけてお帰りください」とか「周りを見ながらゆっくり横断してください」などと軽快な語り口で安全な帰宅を呼びかけていました。

観覧席で見た人からは不満の声も

観覧席で家族と一緒に騎馬武者行列を見た、岐阜県羽島市の小学6年の男の子は「岐阜県に木村拓哉さんが来ると思っていなかったけどすごくかっこよかった。観覧席は周りと10センチも空いてないくらいぎゅうぎゅうで、ちょっと困りましたが、怖くはなかった」と話していました。

観覧席で見た、愛知県の高校2年の女子生徒は「木村さんに少しでも見てほしいと思い、うちわを作ってきました。言葉にできないくらいかっこよくてキラキラしていました。人混みは気になりませんでしたが、当選者以外の人が見ているのがちょっとな、と思いました。ガードをもっとしっかりして当選者以外は見られないようにしてほしかった」と話していました。

息子と一緒に観覧席で見た名古屋市の48歳の女性は「木村拓哉さんのソロのコンサートも全部行っていて、持ち物も全部、木村さんにちなんだものにしています。イテウォンの事故があったので人混みはすごく怖かったですが、きょうは大丈夫でした。当選したのでうれしかったものの、歩道にも入れたので普通に来ても見られたなと思うとちょっとふに落ちなかった」と話していました。