「エモテット」国内でも約3か月ぶり観測 知人装うメールに注意

ここ数年、世界中で猛威をふるっているコンピューターウイルス「エモテット」について、ことし7月中旬からの休止期間を経て、今月に入って国内でも活動が再開されたとして、情報セキュリティーの専門機関が注意を呼びかけています。

コンピューターウイルスの「エモテット」は、知人などを装って送られてきたメールの添付ファイルを開くなどして感染すると、端末内の連絡先やメールの内容を盗み取り、過去にやり取りした文書を引用するなどして、さらに別の人にメールを送信して広がっていくのが特徴です。

ここ数年、世界中で猛威を振るい、国内では、ことし春に感染がピークを迎えたあと、7月中旬からは観測されず、休止期間に入ったと見られていました。

情報セキュリティーの専門機関「JPCERTコーディネーションセンター」によりますと、今月2日、エモテットに感染させようとするメールの配布が、およそ3か月ぶりに観測されました。

新たな手口として、エクセルの添付ファイルがメールで送られてきて、特定のフォルダにコピーすることなどを促すものが確認されているということです。

JPCERTでは、知人や取引先からのメールであっても、添付ファイルやURLは不用意に開かず、差出人に直接確認することを徹底するなど、注意を呼びかけています。

JPCERTコーディネーションセンターの佐條研さんは「エモテットは、ほかのウイルスを呼び込むという性質もあり、身代金要求型の、ランサムウエアの被害などにつながるおそれもある。いま一度、警戒心を上げて対策の確認をしてもらいたい」と話しています。