養鶏場での鳥インフルエンザ感染 異例のペースで相次ぐ

鳥インフルエンザは、日本で越冬する渡り鳥によってウイルスが運ばれることで発生しますが、今シーズンは異例のペースで養鶏場での感染が相次いでいます。

このうち岡山県倉敷市の養鶏場で3日、ニワトリが相次いで死んでいるのが見つかり、簡易検査の結果、24羽から鳥インフルエンザの陽性反応が出ました。

これについて岡山県が遺伝子検査を行った結果、13羽が致死率が高い高病原性のウイルス「H5型」に感染していたことが確認されました。

これを受けて岡山県はこの養鶏場で飼育されているすべてのニワトリおよそ51万羽の処分を始め、4日夕方からは県の要請を受けた自衛隊も作業に加わっています。

倉敷市では別の養鶏場で先月下旬に今シーズン、養鶏場では国内初の鳥インフルエンザが発生しています。

今回、感染が確認された養鶏場はそこから直線距離で4キロから5キロほど離れた場所にあり、岡山県は新たにこの養鶏場を中心に半径3キロ以内をニワトリや卵の移動を禁止する「移動制限区域」に、半径10キロ以内をその地域からの出荷を禁止する「搬出制限区域」にしました。

岡山県はニワトリの肉や卵を食べることで鳥インフルエンザが人に感染した例は国内では確認されていないとして、冷静な対応を呼びかけています。

茨城 かすみがうらの養鶏場でも検出 約104万羽の処分開始

茨城県によりますと、3日、かすみがうら市にある養鶏場から「死んだニワトリの数が増えている」と連絡があり、遺伝子検査を行ったところ、4日に高病原性と見られる「H5型」の鳥インフルエンザのウイルスが検出されました。

茨城県は4日朝からこの養鶏場で、およそ104万羽のニワトリの処分を始めるとともに自衛隊に災害派遣を要請しました。

また茨城県は、この養鶏場から半径3キロ以内をニワトリや卵の移動を禁止する「移動制限区域」に、半径10キロ以内をその地域からの出荷などを禁止する「搬出制限区域」に指定しました。

茨城県は、おととしの鶏卵の産出額がおよそ452億円で全国1位となっていて、県内で鳥インフルエンザの感染が確認されるのは今シーズン初めてです。

養鶏場での感染 今シーズンは異例のペースで相次ぐ

鳥インフルエンザは日本で越冬する渡り鳥によってウイルスが運ばれることで発生しますが、今シーズンは異例のペースで養鶏場での感染が相次いでいます。

今シーズンはこれまでで最も早い時期の発生となった先月28日の岡山県倉敷市の養鶏場での感染の確認以降、同じ日には北海道厚真町の養鶏場でも高病原性の鳥インフルエンザウイルスが検出されました。

さらに今月1日に香川県観音寺市、4日も茨城県かすみがうら市と岡山県倉敷市のそれぞれ養鶏場で、高病原性の鳥インフルエンザウイルスが検出されています。

農林水産省によりますと、処分されることになるニワトリの数はおよそ189万羽となっていて、▽過去最大の感染拡大となり、2020年から去年にかけてニワトリなどが処分された際のおよそ987万羽、▽低病原性の鳥インフルエンザが広がった2005年から2006年のおよそ578万羽に次ぐ数となっています。

高病原性の鳥インフルエンザでの処分の数に限定しますと、過去2番目だった去年からことしにかけての昨シーズンのおよそ189万羽にわずか1週間ほどで並びました。