ソフトバンク王貞治球団会長 新型コロナに感染確認

プロ野球のソフトバンクは王貞治球団会長が新型コロナウイルスに感染していることが確認されたと発表しました。

球団によりますと82歳の王球団会長は2日、37度3分の熱があり3日、PCR検査を受けたところ感染していることが確認されたということです。

王球団会長は3日は熱が36度5分まで下がっていますが、のどに違和感があり、チームの宿泊先で療養しているということです。

ソフトバンクは3日から宮崎で秋のキャンプを始めていて、去年から監督や選手などにアドバイスを送る「特別チームアドバイザー」を兼任している王球団会長は現場を訪れる予定でした。

球団によりますと、選手やコーチに濃厚接触者などはおらず、キャンプは予定どおり行われることになっています。