北朝鮮発射のミサイルのうち1発 ICBMの可能性 岸田首相

防衛省は3日午前、北朝鮮から多数のミサイルが日本海の方向に発射されたと発表しました。このうち1発は日本の上空を通過したとしてJアラート=全国瞬時警報システムなどで情報が発表されましたが、実際には日本列島を越えなかったとして訂正しています。

岸田総理大臣は3日午前10時前、記者団に対し、北朝鮮が発射したミサイルのうち1発は、ICBM=大陸間弾道ミサイルの可能性があると明らかにしました。

防衛省によりますと、3日午前7時40分前後に北朝鮮から多数のミサイルが日本海の方向に発射されたということです。

このうち1つは高度が2000キロ程度、飛行距離がおよそ750キロで、日本海に落下し、中長距離弾道ミサイルとみられるということです。

また、このミサイルとは別に午前7時40分ごろ北朝鮮西岸から発射されたミサイルは、日本列島を越えて飛行する可能性があることを探知したためJアラートなどで公表したものの実際には日本列島を越えず日本海上空で消失したことが確認されたので訂正したとしています。

このミサイルについて政府は、エムネット=緊急情報ネットワークシステムで「午前7時48分ごろ、宮城県、山形県、新潟県からなる地域の上空を飛しょうし、通過したものとみられます」と伝えました。

防衛省などによりますとこれまでのところ被害の情報は入っていないということです。

防衛省関係者によりますと3日午前8時40分ごろにも北朝鮮からミサイルが発射されたという情報があるということで、防衛省が引き続き詳しい情報の分析を進めています。

岸田総理大臣は3日午前10時前、記者団に対し、北朝鮮が発射したミサイルのうち1発は、ICBM=大陸間弾道ミサイルの可能性があると明らかにしました。
また、韓国の通信社、連合ニュースは北朝鮮が3日朝、日本海に向けて発射した長距離弾道ミサイル1発について「推進体と弾頭などが切り離され、軍はICBM=大陸間弾道ミサイルの可能性が高いとみて分析している」と伝えました。