住宅分野の脱炭素へ 「純木造」5階建てモデルハウス完成

住宅分野の脱炭素を目指して、東京の住宅メーカーが建築に伴う二酸化炭素の排出削減が期待される木造5階建てのモデルハウスを完成させました。

川崎市に建てられたこのモデルハウスは、高さおよそ17メートルの5階建てで建物を支える骨組みにも木材を使用するなど、主な資材に木材だけを使った「純木造」です。

建築したメーカーによりますと、資材の加工や運搬なども含めた工程で二酸化炭素の排出量は、鉄骨を使った同じ規模の建物に比べて半分ほどに削減できたということです。

また、住宅建築で培った技術を応用し、ビル建設に必要な機械を使わないことなどで、一般的なビルと比べて建築コストも抑えられたとしています。

脱炭素社会の実現が課題となる中、オフィスや商業施設向けに木造の高層建築の建設や計画が進んでいますが、このメーカーでは、個人事業主などがコストをまかなえるよう建物の規模を5階建てに抑え、賃貸住宅や店舗と住居の併設など、さまざまな用途で木造建築の普及を図りたいとしています。
アキュラホームの宮沢俊哉社長は「木材を使うことで脱炭素社会に貢献できる。5階建てという身近な大きさなので、全国に普及させたい」と話していました。