中国海軍測量艦 日本の領海に侵入 ことし4回目

11月2日未明、中国海軍の測量艦1隻が鹿児島県の口永良部島周辺の日本の領海内をおよそ3時間にわたって航行しました。中国海軍の測量艦が周辺の領海に侵入したのはことし4回目で、防衛省が警戒・監視を続けるとともに航行の目的を分析しています。

防衛省によりますと、1日午後7時50分ごろ、中国海軍の測量艦1隻が鹿児島県の臥蛇島の西の接続水域を、北東に向かって航行しているのを海上自衛隊が確認しました。

その後、測量艦は2日午前0時10分ごろ口永良部島の南西の日本の領海に侵入し、およそ3時間後の午前3時ごろに屋久島の南の領海を出て、南東に向かったということです。

中国海軍の測量艦が周辺の領海内を航行したのは9月以来ことし4回目で、外交ルートを通じて中国に対し懸念を伝えたということです。

中国海軍の艦艇が日本の領海に侵入したのは8回目で、防衛省が警戒・監視を続けるとともに航行の目的を詳しく分析しています。

松野官房長官「懸念を持って注視」

松野官房長官は、2日午後の記者会見で「海上自衛隊の艦艇による監視などを行うとともに、外交ルートを通じ、わが国周辺海域における中国海軍艦艇のこれまでの動向を踏まえ、懸念を伝えた」と述べました。

そのうえで「中国海軍艦艇の航行の目的について、確たることを申し上げることは困難だが、近年、中国によるわが国周辺における軍事活動はますます拡大・活発化の傾向にあり、今回の領海内航行についてもその一環とみられる。政府としては懸念を持って注視し、引き続き周辺海空域における警戒監視活動に万全を期していく」と述べました。