ソニーグループ 売り上げ・営業利益が過去最高に 半年間決算

ソニーグループが発表したことし4月から9月まで半年間の決算は、音楽や映画などの事業が好調なことや、円安で業績が押し上げられたことから、売り上げが5兆円を超えて、営業利益とともに過去最高となりました。

ソニーグループが発表したことし9月までの半年間の決算は、売り上げが5兆633億円と前の年の同じ時期より9.4%増加し、営業利益も6510億円と8.8%増加していずれも過去最高となりました。

海外で音楽や映画などエンターテインメント事業が好調なことや、スマートフォン向けの半導体の販売が伸びたこと、さらに、円安で業績が押し上げられたことが主な要因です。

一方、今年度1年間の業績見通しについては、円安の効果を踏まえて、売り上げが前の年度より16.9%多い、過去最高の11兆6000億円を見込むなど、売り上げ、利益ともにこれまでの見通しから上方修正しました。

十時裕樹副社長兼CFOは、オンラインの会見で「上方修正を行ったのは、音楽のストリーミング事業の伸びや為替などが要因だ。来年度にかけて事業環境が一段と厳しくなることを想定し対応を進めたい」と述べました。