ハロウィーンの東京 渋谷駅周辺“大きなトラブルなし” 警視庁

警視庁は31日夜、ハロウィーンで大勢の人が詰めかけた東京 渋谷駅周辺の雑踏警備にあたり、韓国ソウルの繁華街の事故を受け、1か所での密集や滞留を避けるよう転倒防止の対策をとりました。警視庁によりますと、大きなトラブルはなく警備を終えたということです。

午後7時ごろにはセンター街の入り口付近で歩行者の流れが滞ったほか、午後9時ごろにはハチ公前広場が密集した状態となり車道にあふれるなどしました。

これに対し、警視庁はセンター街での歩行を左側通行にしたり、スクランブル交差点をハチ公前広場側に渡れないようにする措置をとったりするなどして安全を確保しました。

周辺でドローンが飛行するなどの騒ぎがあったものの、日付が変わるころには人出は減少し、警視庁によりますと、大きなトラブルはなく警備を終えたということです。