岡山 鳥インフルの感染確認 国内の養鶏場では今シーズン初めて

岡山県倉敷市の養鶏場で27日、ニワトリが相次いで死んでいるのが見つかり、遺伝子検査の結果、鳥インフルエンザに感染していることが確認されました。

国内の養鶏場で鳥インフルエンザが発生したのは今シーズン初めてです。

岡山県倉敷市の養鶏場で27日、ニワトリが相次いで死んでいるのが見つかり、死んだり弱ったりしている13羽について鳥インフルエンザの簡易検査を行ったところ、12羽から陽性反応が出ました。

県が遺伝子検査を行って詳しく調べた結果、28日午前7時に12羽すべてから致死率が高い高病原性のウイルス「H5亜型」の鳥インフルエンザウイルスが検出され感染が確認されました。

これを受けて県はこの養鶏場で飼育されているすべてのニワトリおよそ17万羽を処分する作業を始めました。

また、この養鶏場を中心に半径3キロ以内をニワトリや卵の移動を禁止する「移動制限区域」に、半径10キロ以内をその地域からの出荷を禁止する「搬出制限区域」に指定しました。

さらに、周辺に4か所の消毒ポイントを設けて感染拡大を防ぐための措置を講じるとともに、自衛隊への災害派遣要請も行いました。

国内の養鶏場で鳥インフルエンザが発生したのは今シーズン初めてで、岡山県内では2020年以来です。

政府 情報連絡室を設置

岡山県倉敷市の養鶏場のニワトリから鳥インフルエンザウイルスが検出されたことを受けて、政府は28日午前6時7分、総理大臣官邸の危機管理センターに情報連絡室を設置し、現地の自治体などと連絡を取り合って情報収集にあたっています。

松野官房長官 “全国自治体などに注意喚起徹底をお願い”

政府は28日朝、総理大臣官邸で関係閣僚会議を開き松野官房長官や野村農林水産大臣らが出席しました。

この中で松野官房長官は、岸田総理大臣から農林水産省はじめ関係各省が緊密に連携し徹底した防疫措置を迅速に進めること、国民に対して正確な情報を迅速に伝えることなどの指示があったことを報告しました。

また、鳥インフルエンザは昨シーズンも世界的に感染が確認され、日本でも25の事例が発生し合わせて189万羽の殺処分を行ったとして、今シーズンも今後、各地で発生する恐れがあると指摘しました。

そのうえで「養鶏農家に対する衛生管理の徹底などの発生予防措置について、改めて全国の自治体などにも注意喚起の徹底をお願いするとともに、関係各省が緊密に連携し政府一丸となって感染拡大の防止のために緊張感をもって万全の対応をとっていきたい」と述べました。

松野官房長官「防疫措置が万全なものとなるよう支援」

松野官房長官は閣議のあとの記者会見で「岡山県が行う防疫措置が万全なものとなるよう支援する。きょう野村農林水産大臣が岡山県知事と面会して県の要請などを直接伺うほか、殺処分は県からの災害派遣要請に基づき、自衛隊が連携して取り組む」と述べました。

そのうえで、疫学や野鳥の専門家などからなる疫学調査チームなどを現地に派遣し、感染経路などの調査を行う予定だと説明しました。

また、北海道内の養鶏場でも高病原性の鳥インフルエンザの発生が疑われる事例があるとして、陽性が確認された場合は防疫措置に万全を期す考えを示しました。

一方、養鶏農家への支援については「殺処分した鳥の所有者には原則、評価額の全額が手当金として交付されるほか、移動制限による売り上げの減少なども支援する。養鶏農家が安心して養鶏業を継続できるようしっかり支援していきたい」と述べました。