ロシア軍 核戦力を使った軍事演習実施 欧米側は注視

ロシア軍は、核兵器の搭載が可能なミサイルなど核戦力を使った軍事演習をプーチン大統領の指揮のもと実施しました。演習は定期的に行われているものですが、ウクライナ情勢をめぐり緊張が続くなか、欧米側は、ロシア軍の動きを注視しているものとみられます。

ロシア大統領府は26日、ロシア軍が核兵器の搭載が可能なミサイルなど核戦力を使った軍事演習を開始したと発表しました。演習は、定期的に行われているもので、プーチン大統領が首都モスクワからオンライン形式で指揮をとったということです。

ロシア北部のプレセツク宇宙基地から大陸間弾道ミサイル「ヤルス」を発射したほか、北西部のバレンツ海では潜水艦から弾道ミサイル「シネワ」の発射訓練などが行われたとしています。

ロシア大統領府は、戦略的抑止力を鍛えるための演習だとしたうえで、課題はすべて達成されたと強調しました。

アメリカ政府は25日ロシア側から、核戦力の軍事演習を実施すると事前に通知を受けたことを明らかにし、米ロ間の偶発的な衝突のリスクの軽減につながるとしています。

一方、ロシアはこのところ、放射性物質をまき散らすいわゆる「汚い爆弾」を、ウクライナ側が使用する可能性があるとする主張を一方的に展開し、プーチン大統領も26日オンラインの会議で言及しました。

ロシア国防省によりますと、ショイグ国防相も26日、中国の魏鳳和国防相やインドのシン国防相とそれぞれ電話で会談し、ウクライナ側が「汚い爆弾」を使用する可能性について懸念を主張したということです。

これに対してウクライナ側は、プーチン政権による情報のねつ造だと反発しています。また欧米各国も、証拠は示されておらず、虚偽の情報だと非難しています。

ウクライナ情勢をめぐる緊張が続くなか欧米側は、ロシア軍の核戦力の動きや、「汚い爆弾」に関する一方的な情報発信を続ける意図を、注視しているものとみられます。

林外相「極めて憂慮すべき事態だ」

林外務大臣は衆議院安全保障委員会で、「ロシアがウクライナにおける核兵器の使用を示唆していることは極めて憂慮すべき事態だ。岸田総理大臣が繰り返し訴えているとおり、唯一の戦争被爆国である日本として、ロシアの核兵器による威嚇も、ましてや使用もあってはならないということを引き続き、さまざまな国際場裏において、強く訴えていきたい」と述べました。