モーターグライダー墜落 2人確認 搭乗者か 安否不明 岐阜 高山

26日午後、岐阜県高山市の山中に2人が乗ったモーターグライダーが墜落しました。国土交通省によりますと、夕方になって自衛隊のヘリコプターが現場付近で搭乗者と思われる2人を確認したということですが、安否は分かっていないということです。

26日午後2時30分ごろ、高山市丹生川町にある飛行場「飛騨エアパーク」から「モーターグライダーが到着時間になっても連絡がなく行方不明の可能性がある」と警察に通報がありました。

警察がヘリコプターで捜索したところ、午後3時45分ごろに飛行場から南東におよそ20キロ離れた高山市高根町中洞の山中に墜落しているモーターグライダーを見つけたということです。

「飛騨エアパーク」などによりますと、モーターグライダーは、80代の男性と、飛騨エアパークの60代の職員の2人が乗って午前11時45分に飛行場を飛び立ち、午後1時45分に富山空港に到着する計画だったということです。

国土交通省によりますと、午後5時10分すぎ、自衛隊小松基地の所属のヘリコプターが現場付近で、搭乗者と思われる2人を確認したということですが安否は分かっていないということです。

警察は、27日朝から捜索することにしています。