中国共産党 新たな最高指導部発足へ 習国家主席の3期目確実に

中国共産党は党大会の閉会を受けて23日、党の重要会議を開き、新たな最高指導部などの人事を決定します。習近平国家主席が、党トップとして異例の3期目入りすることが確実となり、新たな最高指導部は習主席と関係の深い人物が多くを占めるとみられます。

中国共産党大会は22日、習近平国家主席への忠誠を示すスローガン「2つの確立」を深く理解するよう求めたほか、党の重要な政策や人事を決める新しい中央委員205人を選出して閉会しました。

党大会では、現在69歳の習主席が「68歳で引退する」という慣例を破って新しい中央委員に選ばれ、党トップとして異例の3期目入りが確実になりました。

党大会の閉会を受けて、23日午前、党の重要会議「1中全会」が開かれ、新たな最高指導部などの人事を決定する予定で、3期目の習近平指導部が発足する見通しです。

今回の党大会では、現在の最高指導部7人のうち、党の序列2位の李克強首相を含め4人が新しい中央委員に選ばれず、最高指導部を退任する見通しです。

ただ、李首相の後任は来年の全人代=全国人民代表大会で決まるため、それまでは首相を務めることになります。

23日発足する新指導部について香港メディアは、習主席の側近や地方で勤務していたときの部下などが昇格するという見方を伝え、習主席と関係の深い人物が多くを占めるとみられます。

専門家「人事では習氏の完勝」

中央委員の名簿について、中国の政治に詳しい神戸大学大学院の李昊講師は「名簿を見て衝撃を受けた。名簿に残ったメンバーを見ると、おそらく最高指導部の全員が習近平氏に近い、親しい人物によって占められると予想される。その意味で、人事では習氏の完勝、想像を絶する大勝だと思う」と指摘しました。

そのうえで、「習氏が3期目に入るのは確実で、疑う余地はない。これまでの数十年間の慣習からすれば異例だが、すでに異例なことを誰もが受け入れるくらいの権力基盤になっている」と分析しました。
さらに、注目すべきは、今月末までに69歳になる外相の王毅氏や、中国軍の制服組トップで72歳の張又侠氏も「68歳で引退する」という慣例を破って新たな中央委員に選ばれたことだと指摘しました。

これについて、李講師は「習氏以外にも、68歳を超えて留任するケースが2人も出たことは、今後の中国の政治を考える上で、極めて重要だ」と話していました。