インドネシア 急性腎障害 子どもなど133人死亡 薬から有害物質

インドネシアで腎臓の機能が急激に低下する「急性腎障害」で死亡する子どもが相次いでいる問題で、インドネシア政府は死者が133人に増えたことを明らかにしました。国内で製造された5つのシロップ薬から有害な化学物質が検出されたということで、ほかにもこうした薬がないか調査を急いでいます。

インドネシア保健省は21日に会見を開き、腎臓の機能が短期間で急激に低下する「急性腎障害」の報告がさらに増え、ことし1月から10月21日までに241件、死者は133人に上っていることを明らかにしました。

患者のおよそ7割が5歳以下の子どもだということです。

国家医薬品食品監督庁によりますと、これまでに患者が服用していた薬のうち、国内で製造された5つのシロップ薬から、車のエンジンの不凍液などに使われる有害なエチレングリコールが検出されたということです。

また、保健省も患者11人を検査したところ、7人の体内からエチレングリコールなどの陽性反応が出たことを明らかにしました。

インドネシア政府はすべての種類のシロップ薬の処方や販売を一時停止するよう命じるとともに、5つの薬のほかにも、有害な物質を含んでいる薬がないかどうか、調査を急いでいます。