関東など広い範囲で「火球」観測 SNSでも投稿相次ぐ

流れ星の中でも特に明るく輝く「火球」と呼ばれる現象が19日夜、関東などの広い範囲で観測されました。

天文が専門で神奈川県の平塚市博物館の学芸員、藤井大地さんによりますと、19日午後8時すぎ、平塚市の自宅と静岡県富士市に設置しているカメラで火球が流れる様子を撮影したということです。

いずれの映像にも、北の夜空に明るい火の玉のようなものが現れ、数秒間にわたって流れ落ちる様子が映っています。

藤井さんによりますと、火球は新潟県沖の上空を秒速36キロほどで東から西へ進んだとみられるということです。

また、SNS上では同じ時間帯に関東や東北など各地で火の玉のようなものを見たという投稿が相次ぎました。

藤井さんは「オリオン座やおうし座の流星群のピークにあわせて、これから火球を肉眼で観測できる機会が増えてくる。特に今月21日の夜から22日の明け方にかけては火球が見える可能性が高いので、ぜひ夜空を見上げてほしい」と話していました。