来年の春闘賃上げ 経済同友会代表幹事「平均5%は相当厳しい」

来年の春闘で、労働団体の「連合」が「ベースアップ」相当分と定期昇給分を合わせて5%程度の賃上げを要求する方針案をまとめたことについて、経済同友会の櫻田代表幹事は19日の定例会見で、「GDP成長率などを踏まえると、日本全体で平均5%というのは相当厳しいだろうと思う」と述べました。

一方で、櫻田代表幹事は「個別の企業では、5%の賃上げができるところはあるはずだ。それぞれの企業の経営者が社員にどう報いるか真剣に判断すべきだ」と述べ、企業ごとに経営体力や戦略に応じて、賃上げを検討すべきだという考えを改めて指摘しました。