ネットフリックス 7月-9月決算は増収 会員数も240万人余増

アメリカの動画配信大手、ネットフリックスの9月までの3か月間の決算は、人気ドラマシリーズの新作などが好調で増収となったほか、世界全体の会員数が240万人余り増え、3期ぶりの増加となりました。

インターネットで映画やドラマを定額で配信しているネットフリックスは18日、ことし7月から9月までの3か月間の決算を発表しました。

売り上げは、79億2600万ドル、日本円にしておよそ1兆1800億円で、前の年の同じ時期と比べて5%増えました。

一方、最終的な利益は、13億9800万ドル、日本円にしておよそ2000億円と3%減って、増収減益となりました。

また、先月末現在の世界全体の会員数は2億2309万人と、6月末に比べて240万人余り増え、3期ぶりの増加となりました。

これは、人気ドラマシリーズの新作や映画の配信が好調だったことが背景にあるとみられています。

ネットフリックスは、11月から日本を含む世界12か国で、映画やドラマの配信の際にインターネット広告が流れる、会費が格安なプランを新たに導入する予定で、10月から12月までの3か月間に450万人の新たな会員を獲得するという見通しを示しています。

ネットフリックスは「ことし前半は困難な状況だったが、われわれは再び成長基調に乗ったと確信している」などとコメントしています。