英トラス首相 与党内からも辞任求める声 首相は謝罪も辞任否定

イギリスでは、政権の経済政策が市場の混乱を招いたとして、トラス首相に対して与党・保守党内からも辞任を求める声が上がっています。こうした中、トラス首相は公共放送BBCのインタビューで政権運営の非を認め、謝罪したものの、「次の総選挙に向けて党を率いていく」と述べて辞任は否定しました。

トラス政権は、イギリス国内のインフレ率が記録的な水準となる中、大型減税によって経済成長を促す政策を掲げてきました。

しかし、財政悪化への懸念から、通貨ポンドがドルに対して急落するなど市場の混乱を招いたと指摘され、看板政策を相次いで撤回したうえ、今月14日には政権発足から1か月余りで財務相を解任する事態となりました。

こうした中、トラス首相は17日、BBCのインタビューで「これまでの過ちの責任を認め、謝罪したい。光熱費の支払いや高い税率に直面する人たちを助けたかったが、われわれの対応は度がすぎ、性急すぎた」と述べ、これまでの政権運営の非を認めました。

そのうえで「経済の安定性を取り戻すため、新しい戦略を持った財務相を新たに任命した。今は国民のために仕事をすることに集中している」と強調しました。

そして、与党・保守党の中からも辞任を求める声が上がっていることについては「私は次の総選挙に向けて党を率いていく。わが国は今、非常に厳しい状況にあり、党内の話に時間を費やしている余裕はない。それが私の党内へのメッセージだ」と述べ、辞任を否定しました。