性被害受けた元自衛隊員 加害者から直接謝罪を受ける

所属していた自衛隊の部隊で性被害を受けた元自衛官の女性が都内で記者会見し、加害者から直接謝罪を受けたことを明らかにしました。

元陸上自衛官の五ノ井里奈さん(23)は、ことし6月まで所属していた福島県内の部隊で、先輩や上司の隊員から押し倒されて体を触られるなど複数回にわたって性被害を受けたと訴え、防衛省は先月、事実が確認できたとして謝罪しました。

五ノ井さんは17日午後、都内で記者会見を開き、加害行為を行った隊員4人から17日、直接謝罪を受けたことを明らかにしました。

それによりますと、4人はそれぞれ謝罪の手紙を持参したうえで何度も頭を下げて陳謝し、ほかの女性隊員に対しても長らく苦痛を与えたとして、反省のことばを述べたということです。

そのうえで責任をとるために、いずれも退職する意思を示したということです。

五ノ井さんは、「加害者からの直接の謝罪と再発防止を掲げて活動してきたので遅いと思いつつも、やっとこの日がきたんだという思いです。4人には責任を持って罪を償ってほしいです。防衛省・自衛隊には、被害を申告する人が辞めることなく、解決に至る対応を考えてほしい」と述べました。

防衛省は、五ノ井さんの被害について、調査をさらに進めたうえで関係者を処分するとともに、ハラスメントの実態を調べるため、すべての組織を対象に特別防衛監察を進めています。