沖縄 米軍基地周辺 有害指摘PFAS血中濃度 全国平均の2~4倍に

沖縄のアメリカ軍基地周辺の水から、人体への有害性が指摘される有機フッ素化合物PFASが、高い濃度で相次いで検出されている問題で、市民グループが住民380人余りを対象に、血液に含まれるPFASの調査を行いました。その結果、基地周辺の自治体では、国が去年、全国で行った調査の2倍から4倍近い濃度が検出されたということです。

調査は、沖縄のアメリカ軍基地周辺の河川や湧き水などで、人体への有害性が指摘される有機フッ素化合物・PFASが高い濃度で相次いで検出されていることを受けて、市民グループが京都大学の協力を得て行い、6つの市町村の387人の血液を調べました。

結果が15日公表され、基地周辺の自治体では、国が去年、関東や中国・四国地方などで行った調査の平均値の2倍から4倍近い血中濃度が検出されたということです。

このうちキャンプハンセンがある金武町では3.8倍、嘉手納基地などがある北谷町では3.7倍、普天間基地がある宜野湾市の喜友名地区では3.4倍でした。

日本ではPFASの血中濃度に関する基準値が定められていません。

市民グループは結果を踏まえ、国や県などに対してより規模の大きい調査を行い、実態を明らかにするよう要請することにしています。

この問題をめぐっては沖縄県が、PFASの流出元を調べるためアメリカ軍に基地への立ち入りを求めていますが、これまで実現していません。