全国学力テスト 秋田県 7割超の教員が「事前対策行った」

小学6年生と中学3年生を対象に実施されている「全国学力テスト」をめぐり、全国トップクラスの成績が続く秋田県で、ことしのテストについて県教職員組合が調査したところ、回答した教員のうち7割を超える教員が「事前対策を行った」と回答したことがわかりました。

ことし4月に行われた全国学力テストをめぐり、石川県では県教職員組合の調査で、多くの学校が「事前対策」をしていたことが明らかになりました。

石川県と同じく全国トップクラスの成績が続く秋田県で、県教職員組合がテストの対象となる小学6年生と中学3年生を受け持つ教員に、ことしのテストについて調査したところ、回答した368人の教員のうち、およそ75%にあたる274人が「事前対策を行った」と回答したということです。

事前対策にかけた時間は、
▽「2時間」が最も多く22%
▽「3時間」が17%
▽「1時間」が14%などとなっていて
中には「15時間」と答えた教員もいました。

また、事前対策を行った理由を複数回答で尋ねたところ、
▽「毎年やっているから」が76%
▽「管理職などからの働きかけ」が29%だったほか、
▽「結果が自分の評価につながる」という回答も7%ありました。

秋田県教職員組合は「事前対策に時間をかけることで、本来の豊かな学びを得る機会が失われかねない。何が子どもたちのためになるのか考えなければいけない」としています。

一方、秋田県教育庁義務教育課は「学力テストはふだんの子どもの学習状況や指導の状況を把握するためのもので、各学校で事前対策をしている認識はない」としています。

秋田県は、ことしのテストで小学6年生の「国語」と「理科」、それに中学3年生の「国語」で平均正答率が全国1位でした。

秋田県のアンケート調査結果

ことし4月に行われた全国学力テストをめぐり、秋田県教職員組合が行ったアンケート調査の結果の詳細です。

調査は「教職員の働き方」について、秋田県内の小中学校の教職員2155人を対象に行い、ことし6月に68.4%にあたる1473人から回答を得ました。

このうち、全国学力テストについて尋ねたのは、テストの対象となった小学6年生と中学3年生を受け持つ教員で、368人が回答しました。

県教職員組合がこうした調査を実施するのは初めてのことです。

【事前対策を行いましたか】
▽「行った」74.5%(274人)
▽「行っていない」25.5%(94人)

【事前対策の時間】(おおよその累計)
▽「1時間」14.2%(39人)
▽「2時間」21.9%(60人)
▽「3時間」16.8%(46人)
▽「4時間」11.3%(31人)
▽「5時間」12.4%(34人)
▽「6時間」8.4%(23人)
▽「7時間」0.7%(2人)
▽「8時間」4.4%(12人)
▽「9時間」1.5%(4人)
▽「10時間」7.3%(20人)
▽「12時間」0.7%(2人)
▽「15時間」0.4%(1人)

【事前対策の内容】※複数回答可
▽「過去の問題」98.2%(269人)
▽「復習プリント」28.5%(78人)
▽「自作対策問題」6.9%(19人)
▽「単元テスト」0.4%(1人)

【事前対策の方法】※複数回答可
▽「授業時間で」88%(241人)
▽「宿題として」51.8%(142人)
▽「朝、授業と授業の間、放課後などの時間で」24.5%(67人)
▽「自由課題として」4.7%(13人)

【事前対策を行う理由】※複数回答可
▽「毎年やっているから」75.5%(207人)
▽「主任等からの働きかけ・提案」22.3%(61人)
▽「管理職からの働きかけ・提案」6.9%(19人)
▽「結果が自分の評価につながることを考えて」6.9%(19人)