キックボードの7歳男児 横断歩道ではねられ死亡 運転手を逮捕

13日午後3時半ごろ、広島市の国道の交差点で、キックボードに乗って横断歩道をわたっていた7歳の男の子が軽乗用車にはねられました。警察によりますと、男の子は死亡し、車が赤信号を無視して男の子をはねたとして、運転していた63歳の容疑者をその場で逮捕して調べています。

13日午後3時半ごろ、広島市安佐北区可部の国道54号線の交差点で、キックボードに乗って横断歩道をわたっていた7歳の小学生の男の子が、走ってきた軽乗用車にはねられました。

男の子は病院に搬送されましたが、警察によりますと、頭を強く打ち死亡しました。

現場は信号機のある見通しのいい交差点で、警察は赤信号を無視して男の子をはねたとして、軽乗用車を運転していた建設業の栗栖一弘容疑者(63)を過失運転傷害の疑いで、その場で逮捕しました。

調べに対し、「信号を見落とした」と供述しているということで、警察は容疑を過失運転致死に切り替えて捜査することにしています。