いま「鉄道貨物」が注目 日本最大の貨物駅に潜入 東京 品川

10月14日で日本の鉄道開業から150年。鉄道は人だけでなく、「貨物」も運び続けてきました。いま、物流をめぐる状況が大きく変わる中、鉄道貨物に改めて注目が集まっています。

鉄道が大好きな後藤 茂文記者が潜入取材しました。

(10月12日 ゆう5時のニュースで放送された内容です)
(動画は4分41秒。データ放送ではご覧になれません)

鉄道貨物の実態がよく分かる施設が東京・品川区にあります。

「東京貨物ターミナル駅」。

関係者以外は立ち入れない貨物列車専用の駅です。

東京港や羽田空港に近く幹線道路も多く通っていて物流拠点に適した立地です。面積は東京ドームおよそ16個分と貨物駅としては国内最大。各地から集まってきたコンテナはここで積み下ろしが行われます。

そして駅構内にある線路を使って移動し機関車と連結。札幌から鹿児島まで全国の貨物駅へと運ばれていきます。

この駅での貨物列車の発着は1日におよそ70本、扱うコンテナは1日5000個ほどに上ります。
長さ3.6メートル、高さ2.4メートルほどの「12フィートコンテナ」という一般的なコンテナのほか、保冷機能付きのコンテナや液体物を運ぶための「タンクコンテナ」など、積み荷の特性に応じてさまざまな種類があります。
中には「水あめ」の輸送が専門の珍しいコンテナもあり、一度に5000キロもの水あめを運ぶことができます。

この鉄道貨物、いま改めて注目が集まっています。

背景にあるのが、物流業界で起きている大きな変化、「人手不足」と「環境意識の高まり」です。

貨物列車は、1台の機関車で最大130個のコンテナを運ぶことができ、10トントラックだと65台分にあたります。

列車、トラック、それぞれ特性がありますが、人手不足の観点からは大量輸送が可能な鉄道貨物の有効性が再認識されています。

また、国土交通省によりますと1トンの貨物を1キロ輸送する際、貨物列車が排出する二酸化炭素の量はトラックのおよそ10分の1。環境への負荷が小さいことからも期待が増しているのです。

皆さんも貨物列車を見かけることがあると思います。

そんなときは、「どこから」「どこに」「何を載せて走っているのか」思いをはせてみてはいかがでしょうか?。