コロナワクチン3回目接種後に11歳の児童死亡 接種との関連不明

5歳から11歳の子どもを対象にした新型コロナウイルスワクチンについて、厚生労働省は11歳の児童が3回目の接種後に死亡していたと発表しました。5歳から11歳のワクチンの3回目の接種後に子どもの死亡が確認されたのは初めてで、接種との関連は現時点では評価できないとしています。

厚生労働省は、7日開いた専門家部会で、ファイザーのワクチンの3回目の接種を受けた11歳の男子児童が、先月24日に死亡したと医療機関から報告を受けたことを明らかにしました。

この児童は先月19日に接種を受け、5日後に死亡したということで、主治医の報告では、死因は急性脳症や敗血症による多臓器不全とみられるということです。

一方、専門家や部会では、服用していたぜんそくの薬などが関係している可能性なども否定できないとして、接種と死亡との関連は現時点で評価できないとしています。

5歳から11歳を対象にした新型コロナのワクチンについて、接種後に死亡したケースは2人目で、3回目の接種後に子どもの死亡が確認されたのは初めてです。

5歳から11歳のワクチンの3回目接種は先月上旬から開始されていて、先月29日までに推計で1万8000回余り接種されたということです。