北朝鮮 弾道ミサイル2発を発射 いずれもEEZ外落下か

防衛省は6日朝、北朝鮮から合わせて2発の弾道ミサイルが発射されたと発表しました。いずれも日本のEEZ=排他的経済水域の外側に落下したと推定され、このうち1発は変則的な軌道で飛行した可能性があるということです。
北朝鮮は9月下旬以降、弾道ミサイルを相次いで発射していて、4日には日本の上空を飛び越える形で発射しています。
北朝鮮外務省は6日、アメリカ軍の原子力空母が日本海に再び展開したことについて、朝鮮半島情勢への脅威だとして今後の対応を注視していると警告する談話を発表していました。
北朝鮮によるミサイル発射は巡航ミサイルも含めてことし24回目で、防衛省は引き続き情報の収集と分析を進めています。

浜田防衛相「挑発 執ようかつ一方的にエスカレート」

浜田防衛大臣は7時すぎ、防衛省で記者団に対し、北朝鮮が午前6時台に内陸部から弾道ミサイル2発を東方向に発射したと明らかにしました。落下したのは北朝鮮東岸付近や日本海で、いずれも日本のEEZ=排他的経済水域の外側と推定されるとしています。
このうち1発目は午前6時ごろに発射され、最高高度100キロ程度で350キロ程度飛行したと推定され、2発目は午前6時15分ごろ発射され、最高高度50キロ程度で800キロ程度飛行したと推定されるとしています。2発目は、変則軌道で飛行した可能性があるということです。
一方、これまでのところ、航空機や船舶などの被害の情報は確認されていないとしています。

浜田大臣は、今回の発射について「9月末からの短期間で6回目と挑発を執よう、かつ一方的にエスカレートさせている。一連の北朝鮮の行動はわが国、地域、国際社会の平和と安全を脅かすものであり 断じて容認できない」として、北朝鮮に対し、北京の大使館ルートを通じて厳重に抗議したことを明らかにしました。

政府関係者 1発目は350キロ程度 2発目は800キロ程度飛行か

政府関係者によりますと、午前6時台に北朝鮮から東方向に弾道ミサイル2発が発射され、いずれも日本のEEZ=排他的経済水域の外側に落下したということです。このうち1発目は、最高高度は100キロ程度で、350キロ程度飛行した可能性があるということです。また、2発目は、最高高度は50キロ程度で、800キロ程度飛行し、変則軌道で飛行した可能性があるということです。

岸田首相「断じて容認できない」

岸田総理大臣は、午前7時ごろ総理大臣官邸に入る際、記者団に対し「先ほど、北朝鮮が弾道ミサイルを発射した。国民への情報提供、そして安全確認の徹底を指示した。9月末からの短期間だけでも6回目の発射で、断じて容認できない。詳細はこれから確認する」と述べました。

米軍 日韓の防衛に対する関与は揺るがず

アメリカのインド太平洋軍は声明を発表し、「われわれは2発の弾道ミサイルの発射を認識しており、同盟国などと緊密に協議している。今回の発射はアメリカの国民や領土、それに同盟国に差し迫った脅威を与えるものではないと判断している」としています。

そのうえでミサイルの発射は北朝鮮による大量破壊兵器と弾道ミサイルの違法な計画が地域を不安定化させることを浮き彫りにしたと指摘し、日本と韓国の防衛に対するアメリカの関与は揺るぎないと強調しました。

韓国軍 北朝鮮が短距離弾道ミサイル2発を発射と発表

韓国軍の合同参謀本部は、北朝鮮が6日6時1分ごろから23分ごろにかけて、首都ピョンヤンのサムソク付近から日本海に向けて短距離弾道ミサイル2発を発射したと発表しました。韓国軍とアメリカ軍は飛行距離や高度など詳しい情報の収集と分析を急いでいます。

今回の発射はことし24回目

防衛省などによりますと、北朝鮮が弾道ミサイルなどを発射したのはことしに入って24回目です。

これまでに、1月に7回、2月に1回、3月に3回、4月に1回、5月に4回、6月は1回、8月に1回、9月に3回、10月に2回それぞれ弾道ミサイルなどの発射を繰り返しています。

特に9月下旬から10月上旬にかけてはあわせて5回と相次いで発射しています。

これまでの23回のうち、20回は弾道ミサイルと推定されもう1回も弾道ミサイルの可能性が指摘されています。

残りの2回は長距離巡航ミサイルなどと推定されています。

このうち、直近の4日に発射された弾道ミサイルについて防衛省は、最高高度がおよそ1000キロで、およそ4600キロ飛行し青森県上空を通過したあと、日本の東およそ3200キロの日本のEEZ=排他的経済水域の外側に落下したと推定されると発表しています。

IRBM=中距離弾道ミサイル級以上の射程を有するミサイルで、『火星12型』と同型の可能性があり、推定の飛行距離がこれまでで最長だったと考えられるということです。

政府関係者 新たに発射のミサイル EEZ外に落下とみられる

複数の政府関係者によりますと、北朝鮮から新たに発射された弾道ミサイルの可能性があるものは、日本のEEZ=排他的経済水域の外側に落下したとみられるということです。

海保 これまでのところ被害情報なし

北朝鮮から弾道ミサイルの可能性があるものが発射されたとみられることを受け、海上保安庁が日本周辺の海域で被害などの確認を進めていますが、これまでのところ日本に関係する船舶への被害の情報は入っていないということです。

水産庁 注意を呼びかけ

水産庁によりますと、日本海側のEEZ=排他的経済水域の外側で操業する日本の漁船はほとんどないとみられるということですが、北朝鮮から弾道ミサイルの可能性があるものが発射されたことを受けて、各地の無線局を通じて沖合の漁船に対し、落下物がある場合は近づかないよう注意を呼びかけています。

浜田防衛相 防衛省に入る

浜田防衛大臣は、午前6時50分ごろ、防衛省に入りました。浜田大臣は、取材に対し「これから報告を受ける」と述べました。防衛省は、情報の収集と分析を進めていて、浜田大臣は、報告を受けたあと、記者団の取材に応じる見通しです。

岸田首相 情報の収集と分析など指示

北朝鮮から弾道ミサイルの可能性があるものが発射されたことを受けて、岸田総理大臣は、▼情報の収集と分析に全力を挙げ、国民に対し、迅速・的確な情報提供を行うこと、▼航空機や船舶などの安全確認を徹底すること、それに▼不測の事態に備え、万全の態勢をとることを指示しました。

海保 弾道ミサイルの可能性があるもの 2発目もすでに落下か

海上保安庁は午前6時19分に防衛省からの情報として新たに発表した、弾道ミサイルの可能性があるものについて、「すでに落下したとみられる」と午前6時32分に発表しました。航行中の船舶に対し、今後の情報に注意するよう呼びかけています。

海保 北朝鮮 弾道ミサイル可能性あるもの 新たに発射情報

海上保安庁は防衛省からの情報として、「弾道ミサイルの可能性があるものは、すでに落下したとみられる」と午前6時11分に発表しましたが、新たに防衛省からの情報として、「北朝鮮から弾道ミサイルの可能性があるものが発射された」と午前6時19分に発表しました。航行中の船舶に対し、今後の情報に注意するよう呼びかけています。

政府関係者 EEZの外側に落下したとみられる

複数の政府関係者によりますと、北朝鮮から発射された弾道ミサイルの可能性があるものは、日本のEEZ=排他的経済水域の外側に落下したとみられるということです。

海上保安庁「すでに落下したとみられる」

海上保安庁は防衛省からの情報として、「弾道ミサイルの可能性があるものは、すでに落下したとみられる」と午前6時11分に発表しました。

航行中の船舶に対し、今後の情報に注意するよう呼びかけています。

政府 緊急参集チームを招集

政府は、総理大臣官邸の危機管理センターに設置している官邸対策室に関係省庁の担当者をメンバーとする緊急参集チームを招集し、情報の収集と被害の確認などにあたっています。