航空自衛隊と米軍の戦闘機が共同訓練 “即応態勢を確認”

防衛省は4日、九州西方の上空で航空自衛隊とアメリカ軍の戦闘機が共同訓練を行ったと発表しました。北朝鮮が日本の上空を通過させる形で弾道ミサイルを発射するなか、即応態勢を確認したなどとしています。

防衛省によりますと、訓練を行ったのは航空自衛隊のF15戦闘機とF2戦闘機、アメリカ海兵隊のF35戦闘機それぞれ4機の合わせて12機です。

宮崎県にある航空自衛隊新田原基地と山口県にあるアメリカ軍岩国基地では、4日午後3時半ごろ、訓練に参加したとみられる戦闘機が相次いで離陸する様子が確認できました。

防衛省によりますと、九州西方の東シナ海の上空で戦術訓練を行ったということで、双方の戦闘機が編隊を組んで飛行している動画や写真を公表しました。

防衛省は今回の訓練について「北朝鮮が日本の上空を通過させる形で弾道ミサイルを発射するなど、日本を取り巻く安全保障環境がより一層厳しさを増す中、自衛隊とアメリカ軍の即応態勢を確認し、日米同盟の抑止力を一層強化した」としています。