楽天モバイル Jアラートの速報 利用者にメール送信できず

北朝鮮が4日朝、ミサイルを発射した際にJアラート=全国瞬時警報システムの情報が緊急速報メールで楽天モバイルの利用者に送信できていませんでした。総務省消防庁が調べたところ、システムの保守管理を委託している事業者が設定を誤っていたことが原因だったということです。

緊急速報メールは、災害などの際に国や自治体が指定したエリア内にいる人に対し、携帯電話を通じて情報を伝えるサービスです。

楽天モバイルによりますと、北朝鮮が4日朝、ミサイルを発射した際に北海道や青森県の利用者に緊急速報メールで送るはずだったJアラートの情報が送信できていなかったということです。

これについて総務省消防庁が調べたところ、Jアラートの保守管理を委託しているNTTコミュニケーションズが配信の設定を誤っていたことが原因だったということで、設定の内容を修正し、正常に配信できるように改めたとしています。

総務省消防庁は、「Jアラートの運用にあたっては万全の注意を払っていきたい」としています。