秋篠宮ご一家 訪日中のブータン ソナム王女と2人の王子に面会

秋篠宮ご一家は、日本を訪れているブータンの王女らと面会されました。

秋篠宮ご夫妻と次女の佳子さま、長男の悠仁さまは、3日午後3時ごろから、東京 港区の赤坂御用地にあるお住まいで、ブータンのワンチュク国王の妹のソナム王女と面会されました。

王女は、安倍元総理大臣の国葬への参列などのため日本を訪れていて、面会には息子である2人の王子も同席しました。

秋篠宮ご一家は、庭に咲くキンモクセイなどを王女らと一緒に見たあと、およそ1時間にわたって、通訳を介さず和やかに交流されたということです。

秋篠宮ご一家とブータン王室との関わりは深く、平成9年に、ご夫妻がブータンを公式訪問されたのをはじめ、平成29年には、長女の小室眞子さんが公式訪問しています。

さらに、令和元年、当時、中学生だった悠仁さまが初めての外国訪問として、ご夫妻とともにブータンを訪れていて、その際もソナム王女と面会されていたということです。