天皇陛下 前立腺の検査へ“数値にやや懸念される傾向” 宮内庁

天皇陛下は、血液検査の結果、前立腺に関する数値にやや懸念される傾向が見られるとして、前立腺に疾患がないかを調べるための検査を受けられることになりました。
来月上旬に日帰りでMRI検査を受けられる方向で調整しているということです。

宮内庁によりますと、天皇陛下は、これまでの検診での血液検査の結果、PSAと呼ばれる前立腺から分泌されるたんぱくの数値が正常より少し高くなってきていて、やや懸念される傾向が見られるということです。

このため、前立腺に疾患がないかを調べるための検査を受けられることになりました。

来月上旬、病院で日帰りによるMRI検査を受けられる方向で調整しているということです。

宮内庁は、結果を検討したうえで組織検査など、さらに詳しい検査が必要かどうか判断するということで、検査結果については公表するとしています。

天皇陛下は自覚症状はないということで、1日に国民体育大会の開会式に出席するため皇后さまとともに日帰りで栃木県を訪れるなど、ふだんどおり過ごされているということです。