アントニオ猪木さん死去 元プロレスラー 国会議員活動も 79歳

日本のプロレス界をけん引し、国会議員としても活動した元プロレスラーのアントニオ猪木さんが1日朝、心不全のため亡くなりました。79歳でした。

アントニオ猪木さんは横浜市出身で、中学生のときに家族とともにブラジルに移住しますが、現地を訪れていたプロレスラーの力道山にスカウトされて帰国し、17歳でプロレス界に入りました。

そのあと、同時に入門したジャイアント馬場さんとタッグを組み人気を集め、1972年には「新日本プロレス」を立ち上げて、プロレス界をけん引しました。

また、1976年には当時のボクシングの世界ヘビー級チャンピオンモハメド・アリさんと対戦し「世紀の一戦」と呼ばれて大きな注目を集めました。
また、1989年の参議院選挙に当時のスポーツ平和党の党首として立候補して初当選しました。

その後、2013年の参議院選挙では当時の日本維新の会から立候補して2回目の当選を果たしました。

参議院議員として北朝鮮を訪問するなど、独自の人脈を生かした活動を続けてきました。

一方、プロレスラーとしては1998年に現役を引退しましたがその後も格闘技大会のプロデューサーを務めるなど格闘技の発展に貢献してきました。

猪木さんは2020年に自身のSNSで、難病の「心アミロイドーシス」と診断されて闘病を続けていることを公表していましたが、所属事務所によりますと猪木さんは1日午前7時40分、心不全のため、自宅で亡くなったということです。

日本のプロレス・格闘技界をけん引

アントニオ猪木さんはブラジルで暮らしていた1960年、17歳の時に遠征で現地を訪れていたプロレスラーの力道山にスカウトされ、この年9月に日本プロレスでデビューしました。

力道山の門下生としてプロ野球から転向したジャイアント馬場さんとともに、看板選手として活躍し、1972年には新日本プロレスを旗揚げしました。

同じ年に全日本プロレスを旗揚げした馬場さんとともにプロレス人気を高めました。
プロレスラーとしては「卍固め」や「延髄斬り」など多様な必殺技を繰り出して数々のタイトルを獲得するとともに、藤波辰爾さんや長州力さん、それに初代タイガーマスクの佐山聡さんなど数々のトップ選手を育てました。
さらにはプロボクシングのヘビー級チャンピオン、モハメド・アリさんと「格闘技世界一決定戦」を行うなど、さまざまな格闘技のトップ選手との対戦でも話題を集めました。

1期目の参議院議員だった1990年12月には、湾岸戦争の危機に直面していたイラクでプロレスやコンサートなどのイベントを開き、現地で人質となっていた日本人の解放に貢献しました。

さらに1995年4月には北朝鮮でもプロレスのイベントを開き、2日間でおよそ38万人の観客を動員したとされています。

活躍はリングの中だけにとどまりません。
猪木さんの代名詞ともいえる「闘魂ビンタ」。

平成のはじめごろに予備校で講演した際、予備校生のパンチを腹に受けて反射的に見舞ったのが始まりとされています。

その後は“縁起物”としてさまざまな場面でビンタを放ち、プロレスファン以外にも広くその名を知らしめました。

そして1998年に現役を引退してからもプロレスや格闘技のイベントにたびたび登場して存在感を示したほか、バラエティー番組などでも人気を集めました。
また「1、2、3、ダー!」とか「元気ですかー!」といった独特のせりふも有名で、赤いタオルやマフラーを首にかけた「燃える闘魂」の異名でも親しまれました。
日本のプロレス・格闘技界を長年にわたって引っ張ってきた猪木さん。

「いつ何時、誰の挑戦でも受ける」をモットーにしてきた「燃える闘魂」の心は多くの人に知られてきました。

藤波辰爾さん「猪木さんは人生そのもの」

猪木さんが旗揚げした「新日本プロレス」に立ち上げの時期から参加した藤波辰爾さんは「ただショックだ。猪木さんは人生そのものだ。親代わりであり、師匠だった。いろいろな思い出が交差して頭がまとまらず、現実として受け止められない」と話しました。

藤波さんはおよそ1か月前、猪木さんの自宅に見舞いに行ったということで「『元気ですかー!』と出迎えてもらい、帰るときも『頑張れー!』と送り出してもらってこちらが勇気をもらった。こんな状況になるとはという思いだ」と振り返りました。

またプロレス界への貢献について「プロレスを通じて世間を相手にしていた。鍛え上げられた者どうしで喜怒哀楽をさらけ出すという形を作った。それが生きざまだった」と話しました。

そして「寝ているときもリングシューズを履きトランクスを履いているような気がする人だった。これでやっと休めると思う。『本当にお疲れさまでした』と言いたいがまだ割り切れない」と複雑な心境を明かしました。

プロレス界から悼む声相次ぐ

ツイッターではプロレス界でつながりのあった人から死を悼むメッセージが相次いで投稿されています。

猪木さんとタッグを組んで戦ったこともある元プロレスラーの長州力さんは「リングを降りても貴方は闘魂アントニオ猪木でした。まさに闘魂そのものでした。猪木さんどうか安らかにお休みになってください」などと死を悼むメッセージを投稿しました。

元プロレスラーの前田日明さんは「いつも黙って背中で語り行動する人でした。猪木寛至と同時代を過ごせた事が幸運でした。とんでもなくお世話になりました」などと猪木さんとのツーショット写真とともにメッセージを投稿しました。

元格闘家の高田延彦さんは「我がスーパーヒーロー、アントニオ猪木が亡くなったとの一報が入った。ついにこの日が来たか、猪木さんが逝ったんだ。まだなんとも言えぬ気持ち」と投稿しました。

また、猪木さんと同じくプロレスラーから政界に転身した経歴を持つ大仁田厚さんは猪木さんがモハメド・アリさんと対戦した時の写真とともに「ひとつの時代が終わった。ニュース見て頭が真っ白になった。馬場さんとはまた違う大きな大きな存在。偉大なプロレス界の父猪木さん。ありがとうございました」などと投稿しました。

古舘伊知郎さん「気遣いを忘れない人」

猪木さんのプロレスの試合で多く実況を担当し、プライベートでも親交があった古舘伊知郎さんは、「猪木さんは病の苦しさと闘い続けて来ました。最後に会いに行ったのはこの前の火曜日でした。あまり喋れなくなっていましたが、ベッドのかたわらに居ると、急に目を開けて『明日仕事早いの?』と、気遣ってくれました。最後まで猪木信者に気遣いを忘れない人でした。猪木さんがいなくなった世界はとてもさびしいです」とコメントを出しました。

新日本プロレス「ご冥福を心からお祈りいたします」

猪木さんが立ち上げた「新日本プロレス」は公式ホームページで「新日本プロレスの創設者・アントニオ猪木さんが逝去」と訃報を伝えました。

この中で猪木さんの歩みや功績を紹介したうえで「アントニオ猪木さんのご冥福を心からお祈りいたします」として哀悼の意を表しました。

「心のよりどころとなる明るい方がいなくなり寂しい」

アントニオ猪木さんが亡くなったことについて、東京 渋谷で話を聞きました。

20代の男性は「すごく元気な方というイメージだったので、亡くなったと聞いて驚きました。コロナ禍の暗い中で心のよりどころとなるような明るい方がいなくなったことに寂しい思いがします」と話していました。

70代の男性は「猪木さんがプロレスで活躍していた当時、テレビでその姿を見て応援していました。近年は体調を崩されていたようですが最近はまた少し元気になったと聞いていたので、亡くなられたと聞いて残念に思っています」と話していました。

70代の女性は「最近まで入院されていたということで気になっていました。一世をふうびされた方なので特にプロレス界の悲しみは大きいのではないかと思います」と話していました。

北朝鮮をたびたび訪問 日朝関係改善に意欲示す

アントニオ猪木さんは、みずからの師匠で国民的な人気を集めたプロレスラーの力道山が現在の北朝鮮にある地域の出身だったことから、北朝鮮をたびたび訪問して高官と会談を重ねるなど日朝関係の改善に意欲を示していました。

このうち参議院議員だった2013年11月にはスポーツ交流の行事に参加するため北朝鮮を訪れ、当時、キム・ジョンウン(金正恩)総書記の側近だったキム・ヨンイル書記と会談し、日朝関係について意見を交わしました。

ただ、日本政府が制裁措置として北朝鮮への渡航自粛を要請していた中で国会の許可を得ないまま訪朝したため、30日間の登院停止の懲罰を受けました。

2014年には、猪木さんが企画した国際プロレス大会が北朝鮮の首都ピョンヤンで開催され、日本やアメリカ、フランスなどからプロレスラーや格闘技の選手およそ20人が参加し、会場となった体育館は1万人を超える観客で満席となりました。
さらに、猪木さんは、2016年から2018年にかけて3年連続で訪朝し、当時、朝鮮労働党で国際関係を統括していたリ・スヨン副委員長と会談を重ね、日本人の拉致問題も取り上げたことを明らかにするなど、日朝関係の改善に意欲を示していました。