ユーロ圏の消費者物価指数 9月は10%上昇 初のふた桁伸び率に

ドイツやフランスなど、ユーロ圏19か国の今月の消費者物価指数の伸び率は10%ちょうどとなり、統計をさかのぼれる1997年以降ではじめて、ふた桁の伸び率となりました。

EU=ヨーロッパ連合が30日発表した、今月のユーロ圏の消費者物価指数は、前の年の同じ月と比べて10%ちょうどの上昇となりました。

上げ幅がふた桁を記録するのは、統計をさかのぼれる1997年以降はじめてで、過去最大の伸び率を5か月連続で更新しました。

ロシアによるウクライナ侵攻を背景に、エネルギー価格が40.8%と物価全体を押し上げているのが最大の要因で、食料品なども11.8%と幅広い品目でインフレが進んでいます。

国別では、ドイツが10.9%とはじめて2桁の伸び率となりました。

また、イタリアが9.5%、スペインが9.3%などとなっています。

さらにエストニアなどのバルト3国はいずれも20%を超える高い伸び率となりました。

ヨーロッパ中央銀行は大幅な利上げを続けていますが、金融の引き締めは家計や企業活動にとって大きな重荷ともなっており、物価高と景気の減速が同時に進む「スタグフレーション」への懸念が強まっています。