安倍元首相の国会議員会館事務所 利用終了で退去作業

亡くなった安倍元総理大臣が長年、政治活動の拠点としてきた国会議員会館の事務所の利用が終了することになり、30日、退去作業が行われました。

ことし7月、参議院選挙の応援演説中に銃撃されて亡くなった安倍元総理大臣は、国会の衆議院第1議員会館の12階にあるみずからの事務所を、長年、政治活動の拠点としてきました。

おととし、安倍氏が総理大臣を退任したあとも、事務所には、岸田総理大臣や菅前総理大臣をはじめ、多くの政治家が足しげく訪れ、政治の舞台の1つにもなってきました。

事務所は、安倍氏が亡くなったあとも残され、秘書たちが「国葬」に向けた準備などを行っていましたが、「国葬」が終わったことも踏まえ、事務所の利用も終了することになりました。

30日は退去作業が行われ、段ボールなどが次々と運び出されました。

議員会館の同じ階にある別の事務所の秘書は「1つの時代が終わってしまったようで、とてもさみしい」と話していました。