栃木県南部 群馬県南部で震度4の地震 津波の心配なし

30日午後2時58分ごろ、栃木県と群馬県で震度4の揺れを観測する地震がありました。この地震による津波の心配はありません。

▽震度4を観測したのは、宇都宮市と栃木県栃木市、佐野市、下野市、壬生町、それに群馬県の板倉町でした。

▽震度3を茨城県の土浦市や栃木県足利市、群馬県桐生市、さいたま市、それに千葉県野田市などで観測しました。

このほか、震度2や1の揺れを関東甲信と静岡県、福島県の各地で観測しました。

気象庁の観測によりますと震源地は茨城県南部で震源の深さは50キロ、地震の規模を示すマグニチュードは4.4と推定されています。

震度4の揺れを観測した宇都宮市にあるNHK宇都宮放送局の2階では、下から突き上げるような大きな揺れが10秒ほど続いたあと、小刻みな揺れがしばらく続きました。

棚からものが落ちることはありませんでした。

東北新幹線 一時運転見合わせも再開

JR東日本によりますと、地震の影響で、東北新幹線は埼玉県の大宮と栃木県の那須塩原の間で一時運転を見合わせましたが、安全が確認されたとして午後3時過ぎに運転を再開しています。

東武鉄道 速度を落として運行

地震の影響で、東武鉄道は午後3時15分現在、日光線と佐野線、宇都宮線で、安全確認のため速度を落として運行しています。

JRや私鉄各社によりますと、このほか首都圏の在来線は地震の影響はなく、おおむね平常通り運行しているということです。

被害の情報なし(午後3時5分) 栃木県警

栃木県警察本部によりますと、午後3時5分現在、地震による被害の情報は入っていないということです。