アメリカ ニューヨーク州もガソリン車の新車販売禁止へ

アメリカ東部ニューヨーク州は2035年までに州内でのガソリン車の新車の販売を禁止する方針を明らかにしました。アメリカでは、すでに西部カリフォルニア州もガソリン車の規制案を決めており、自動車メーカーは対応を迫られることになりそうです。

ニューヨーク州は29日、州内で販売されるすべての乗用車の新車について2035年までにEV=電気自動車など走行中に排気ガスを出さないゼロエミッション車とすることを義務づける方針を明らかにしました。

事実上、2035年までに州内でのガソリン車の新車販売を禁止するもので、ホークル知事が州当局に規制を指示したということです。

ホークル知事は「私たちはニューヨークのクリーンな交通への移行を進めていて、本日の発表は今後、何世代にもわたって私たちの気候と健康に恩恵をもたらす」とコメントしています。

アメリカでは8月、西部カリフォルニア州も2035年までに、州内でのガソリン車の新車販売を全面的に禁止する規制案を決めており、自動車メーカーは対応を迫られることになりそうです。