イギリス エリザベス女王の死亡診断書を公表 死因は老衰

今月8日に死去したイギリスのエリザベス女王の死因について、スコットランド当局は老衰だったことを明らかにしました。

エリザベス女王は今月8日、イギリス北部スコットランドのバルモラル城で96歳で死去し、19日、ロンドン郊外のウィンザー城に埋葬されました。

これまで具体的な死因については明らかにされていませんでしたが、29日、スコットランド国立公文書館はエリザベス女王の死亡診断書を公表し、死因は老衰だったと伝えました。

死亡時間は8日の午後3時10分だったということです。

女王は2日前の今月6日にバルモラル城でトラス首相を任命するなど、亡くなる直前まで公務を行っていました。

また女王が埋葬されたウィンザー城内のセントジョージ礼拝堂が29日から死去後、初めて一般の見学者に公開されました。

イギリス王室はこれを前に女王の墓標の写真を公開していて、写真では、黒い長方形の大理石が礼拝堂の床にはめ込まれ、父親のジョージ6世と母親のエリザベス皇太后、そして去年死去した、夫のフィリップ殿下の名前とともに女王の名前も刻まれています。

現地メディアは女王への追悼のため、朝から大勢の人たちがウィンザー城の前に並ぶ様子を伝えていました。