「ゴルゴ13」さいとう・たかをさん お別れの会 去年9月に死去

寡黙なスナイパーが活躍する「ゴルゴ13」などの作品で「劇画」の分野を確立し、去年9月に亡くなったさいとう・たかをさんのお別れの会が29日、都内のホテルで開かれ、交流のあった人たちが別れを惜しみました。

さいとうさんは、登場人物や背景をリアルに描くことにこだわり、寡黙なスナイパーの活躍を描いた代表作「ゴルゴ13」などで「劇画」のジャンルを確立し、去年9月にすい臓がんのため84歳で亡くなりました。

「ゴルゴ13」はさいとうさんが亡くなったあとも連載が続いていて、世界で最も発行巻数が多い漫画のシリーズとして「ギネス世界記録」に認定されています。

29日都内のホテルでお別れの会が開かれ、「ゴルゴ13」の愛読者として知られる自民党の麻生副総裁や俳優の舘ひろしさんらが集まりました。

会では交流が深かった漫画家のちばてつやさんが弔辞を読み上げ「半世紀以上も前から大人がコミックを楽しむ時代を予見していました。日本の漫画劇画文化をここまで大きく育んできたのは疑う余地なくあなたの功績です」とたたえました。
また、「ゴルゴ13」と同様に世界的な発行巻数を誇る「こちら葛飾区亀有公園前派出所」の作者で漫画家の秋本治さんは「先生の育てたスタッフ、編集者のかたがた、ぜひ『ゴルゴ13』を夢の300巻に向けて続けてください」と呼びかけました。

お別れの会は、東京 千代田区の帝国ホテルで行われ、29日午後5時から7時までは一般の参加も受け付けるということです。