細田衆院議長 旧統一教会関係団体などの会合への出席認める

旧統一教会との関係をめぐり、細田衆議院議長は、関連団体の会合に出席したことなどを認めたうえで、今後社会的に問題があると指摘される団体などとは関係をもたないよう適切に対応するなどとするコメントを発表しました。

細田衆議院議長は、これまで、旧統一教会の関連団体の会合に出席していたなどと指摘されてきましたが、自民党が党所属議員に行った調査では衆参両院の議長については対象に含まれておらず、野党側は国会で説明責任を果たすよう求めています。

こうした状況を受けて、細田議長は29日午前、事務所を通じてコメントを発表しました。

この中では、▽2018年10月に開かれた「国際勝共連合」の記念大会と▽2019年10月に「UPF=天宙平和連合」が主催し、旧統一教会のハン・ハクチャ総裁が出席した国際会議で、それぞれあいさつしたとしています。

また、▽2018年3月と2019年3月に、東京都内で行われた「世界平和女性連合」の会合に出席したとしています。

また、▽2019年6月に、関連団体の出版物に掲載するためとして、憲法改正に関するインタビューを受けたとしています。

一方、▽選挙で、旧統一教会側から支援を受けたと指摘されていることについては地元の関連団体がみずからを支持する意向があったことは事実であり、私が知るかぎりでは関係者は普通の市民であり、法令に反する行為を行っているとの認識はないとしています。

このほか、▽関連団体の幹部を招いていたことなどが指摘されている議員の懇談会について、去年6月に、名誉会長に就任したとする一方で、その後の活動状況は承知しておらず、議長就任後は参加していないなどとしています。

また、▽教会との関係が指摘されている「日韓海底トンネル推進議員連盟」の顧問を務めていたことも明らかにし、現在は辞任しているとしています。

そして、今後、社会的に問題があると指摘される団体などとは関係をもたないよう適切に対応してまいりたいとしています。

尾辻参院議長は「関わりがない」とコメント発表

尾辻参議院議長は、事務所を通じてコメントを発表し「旧統一教会および関連団体については、メッセージの送付、会合への出席など関わりがないことを確認したので報告する」としています。

松野官房長官「コメント差し控える」

松野官房長官は午後の記者会見で「細田衆議院議長が文書を公表したことは承知しているが、政府の立場でコメントすることは差し控える。いずれにせよ政府としては提出を予定している法案などの国会審議に誠実に対応していきたい」と述べました。

自民 安倍派 塩谷会長代理「必要なことだと思う」

細田議長の出身派閥、自民党安倍派の会長代理を務める塩谷・元文部科学大臣は、記者団に対し「いろんな意見を聞いて、コメントを発表したと理解しており、必要なことだと思う」と述べました。

立民 安住国対委員長「ますます疑念が深まった」

立憲民主党の安住国会対策委員長は記者団に対し「これまで指摘を受けたことについて事実だと認めただけで、新しい事実が全くなかったことは残念だ。自民党の調査以下の答えで、ボランティアで選挙協力をしてもらったかに何も答えておらず、ますます疑念が深まったと言わざるをえない」と述べました。

そのうえで「細田氏は、自民党の最大派閥の会長を長く務めており、旧統一教会と最も深い関係があったと推測せざるをえない。聞かなければならない問題がたくさんあり、本会議で直接、問いただす場面もつくらざるをえないのではないか」と述べました。

また、安住氏は、細田議長が辞任に値するかを問われたのに対し「そう簡単に『辞めてさようなら』ではなく、実態解明に大きな役割を果たしてもらいたい。三権の長として、質問に答える機会をつくらなければならない責任がある」と述べました。