プロ野球 日本ハム 新庄剛志監督 来季も続投が決定

プロ野球、日本ハムの新庄剛志監督が来シーズンもチームの指揮をとることが決まりました。

日本ハムは28日、札幌ドームでのロッテ戦のあとに本拠地最終戦のセレモニーを行い、就任1年目の新庄監督が場内マイクを使ってファンに今シーズンの報告を行いました。

この中で、新庄監督は最下位に沈んだ責任は自分にあるとして、「今シーズンをもってビッグボスのユニフォームを脱ぎます」と述べて、登録名の「BIGBOSS」が背中に入ったユニフォームを実際に脱いで、マウンドに置いたあと、いったん姿を消しました。

このあと再び、アルファベットで「SHINJO」と名前が入ったユニフォーム姿で登場し、球団から28日、来シーズンも指揮をとるよう正式に要請されたことを明らかにしたうえで、「いま、返事します。よろしくお願いします」と述べて、来シーズンも日本ハムの指揮をとることが決まりました。

新庄監督は去年11月、監督に就任した際に日本ハムから複数年の契約を提示されたのに対して、「1年1年を勝負していきたい」として1年契約を結んでいました。

日本ハムは来年、札幌市の隣の北広島市で開業する新球場に本拠地を移す予定で、球団は新たなスタートには新庄監督が適任としていましたが、2年目の指揮については、新庄監督が球場のファンの前で宣言するという異例の形で発表しました。

日本ハムは今シーズンの最下位が決定していますが、新庄監督は春のキャンプから、1年をかけて若手選手を成長させながら、選手の能力を見極めると繰り返し強調し、新球場で迎える来シーズンを勝負の年と位置づけていました。