イギリス中央銀行 国債の一時買い入れ発表 金融市場の安定図る

イギリスの中央銀行、イングランド銀行は、財政悪化を背景にイギリス国債の金利が急激に上昇したことを受けて28日、一時的に国債を買い入れると発表しました。金融市場の安定を図るねらいがあります。

イギリスのトラス政権は大型減税を柱とする経済対策を打ち出しましたが、先週23日、巨額の国債増発を表明したことから財政悪化への懸念が広がり、国債の価格が下落し利回りが急激に上昇しました。

また、通貨ポンドもドルに対して急落し、一時、1972年の変動相場制に移行したあとの最安値を記録しました。

こうした状況を受けてイングランド銀行は28日、イギリスの長期国債の一時買い入れを開始すると発表しました。

期間は今月28日から来月14日までで、買い入れの上限は示さず、必要な規模で実施するとしています。

また、来週から予定していた保有国債の売却は、来月末まで延期するとしています。

今回の決定についてイングランド銀行は声明で、「市場の機能不全が継続したり悪化したりすれば金融の安定性に重大なリスクが生じる」としており、金融市場の安定を図るねらいです。