米ハリス副大統領 中国を強く非難 台湾への軍事支援継続を強調

来日中のアメリカのハリス副大統領は、神奈川県にあるアメリカ海軍横須賀基地で演説し、中国が台湾への軍事的な圧力を強めていることを強く非難したうえで、今後もアメリカが台湾への軍事支援などを続けていく考えを強調しました。

安倍元総理大臣の「国葬」への参列のために来日したアメリカのハリス副大統領は28日午後、神奈川県にあるアメリカ海軍横須賀基地を訪れ、ミサイル駆逐艦などを視察しました。

艦上でハリス副大統領は、海軍の兵士を前に演説し「中国は軍事力と経済力を使って近隣諸国を脅し、おびえさせている。東シナ海や南シナ海で憂慮すべきふるまいを見せ、そして先月には台湾海峡で挑発が行われた」と述べ、アメリカのペロシ下院議長の台湾訪問のあとに中国が大規模な軍事演習を行い、台湾への軍事的な圧力を強めていることを強く非難しました。

そのうえで、アメリカは中国との衝突は望んでいないとしながらも「台湾海峡の平和と安定が自由で開かれたインド太平洋のために不可欠だ。そのためにわれわれはひるまず、臆することなく活動を続ける。一方的な現状変更に反対し、台湾の自衛を支援し続ける」と述べ、これまでどおり、台湾への軍事支援などを続けていく考えを強調しました。

ハリス副大統領は29日、韓国と北朝鮮の間の非武装地帯を訪問する予定です。

中国は強く反発 米をけん制も

アメリカのハリス副大統領が今後も台湾への軍事支援などを続けていく考えを強調したことについて、中国外務省の汪文斌報道官は、28日の記者会見で「中国の主権と領土の一体性を著しく侵害し、両国関係を損ない、台湾海峡の平和と安定を破壊するものだ」と強く反発しました。

そのうえで「アメリカには『1つの中国』政策を再確認するとともに、あらゆる台湾独立活動に反対することを明確に表明するよう求める」と述べ、アメリカをけん制しました。