将棋 有吉道夫九段が死去 87歳 “火の玉流” 通算1088勝

「火の玉流」と呼ばれる攻撃的な将棋が持ち味で、当時、現役最高齢の74歳までプロ棋士を続け、タイトル戦などで活躍した有吉道夫九段が27日、誤えん性肺炎のため亡くなりました。87歳でした。

有吉さんは岡山県出身で、同じ岡山県出身の大山康晴十五世名人に弟子入りし、1955年に19歳でプロ棋士となりました。

「火の玉流」と呼ばれる攻撃的な将棋を持ち味に、合わせて9回タイトル戦に登場し、このうち「棋聖」を獲得したほか、第30回NHK杯トーナメントで優勝しました。

2010年に当時の現役最高齢の74歳で引退するまでプロ棋士として活躍を続け、通算成績は勝ち星が史上8位、負け数が史上2位の1088勝1002敗で、将棋に対する真摯(しんし)な姿勢が多くのファンに愛されました。

日本将棋連盟によりますと、有吉さんは27日、入院先で誤えん性肺炎のため亡くなったということです。87歳でした。

有吉さんが亡くなったことについて、羽生善治九段はツイッターで、「何度も公式戦で教わりましたが、序盤の研究が深く、いつも勉強になりました。対局中は闘志溢れた姿でしたが、日常はとても気さくで朗らかな先生でした」などとコメントしています。