西九州新幹線 爆破予告で一時全線運転見合わせで利用者に影響

28日、西九州新幹線の施設への爆破予告があり、JR九州が一時、全線で運転を見合わせるなど利用者に影響が出ました。

JR九州によりますと28日午前、西九州新幹線の沿線にある複数の自治体に「午後3時34分に西九州新幹線の複数の施設に爆弾を仕掛けた」という内容のメールが寄せられたということです。

このため、JR九州は午後3時ごろから西九州新幹線の全線で運転を見合わせ、沿線の各駅で利用者に退避を呼びかけました。

このうちJR長崎駅では制服を着た警察官が駆けつけて周囲を警戒したり、乗客が改札口でJRの職員に状況を尋ねたりする姿が見られました。

JR九州は、新幹線の車両や駅などを調べた結果安全が確認できたとして、午後4時すぎに運転を再開しましたが、上下線の2本が運休するなど利用者に影響が出ました。

西九州新幹線は長崎駅と佐賀県の武雄温泉駅を結ぶ66キロの路線で、今月23日に開業しました。

国土交通省によりますと、爆破予告によって新幹線の運転見合わせや運休の対応が取られるのは、把握しているかぎりでは過去に例がないとしています。

今回の対応についてJR九州は「爆破の予告場所が特定できず、沿線の複数の自治体に予告があったことを考慮して、万全の策を取ろうと考えた」と説明しています。

一方、爆破予告について長崎県警察本部は威力業務妨害の容疑を視野にJR九州から話を聞くなどして捜査しています。