ロシアとドイツ結ぶパイプラインでガス漏れ 原因に関心高まる

ロシアとドイツを結ぶ海底の天然ガスパイプライン、ノルドストリームでガス漏れが起き、原因をめぐって、海底で爆発が観測されたという情報や意図的に壊されたという見方も伝えられ、何が起きたのか、関心を集めています。

ロシアからドイツ向けの天然ガスパイプラインをめぐって27日、デンマーク軍がバルト海にあるボーンホルム島沖の3か所でガス漏れが確認されたと明らかにしました。

それによりますと、ガス漏れは2つあるパイプラインのうち、ノルドストリーム1の2か所、ノルドストリーム2の1か所で起き、軍はガス漏れが原因とみられる泡が海面に発生している映像を公開したほか、デンマーク当局は海上交通に危険があるとして、島の沖から5海里以内の航行を禁止しました。

このパイプラインをめぐっては、ロシア側がウクライナへの軍事侵攻後に供給量を大幅に減らし、先月末から完全に停止していて、残っていたガスが漏れたとみられます。

ガス漏れの原因はわかっていませんが、スウェーデンの地震学者はAP通信に対して26日に海底で爆発を観測したと話したほかドイツの一部のメディアは関係者の話として、何者かによる破壊工作の可能性があるという見方も伝えています。

また、ロシア大統領府のペスコフ報道官は「なんらかの破壊があったのは明らかだ。調査結果が出るまでは、どのような可能性も排除すべきでない」と主張していて、海底のパイプラインで何が起きたのか、関心を集めています。

デンマーク首相「これは事故ではない」

27日、デンマークのフレデリクセン首相は会見を開き「当局は、これは事故ではなく、意図的な行為だと明確に判断している。誰が背後にいるのかを示す情報はまだない」と述べました。

スウェーデン首相「おそらく意図的な行為 破壊工作だろう」

また、スウェーデンのアンデション首相も会見を開き「スウェーデンの諜報機関、そしてデンマークからの情報に基づき、これはおそらく意図的な行為だと結論付けた。おそらく破壊工作だろう」と述べ、事態を非常に深刻に捉えているとしています。

EU ボレル上級代表「断固として結束して対応」

ノルドストリームで起きたガス漏れについて、EU=ヨーロッパ連合の外相にあたるボレル上級代表は28日、声明を発表し事態に懸念を示しました。

声明では「あらゆる情報は、このガス漏れが意図的な行為によるものだということを示している」と指摘しています。

そのうえで「EUは原因や理由を明らかにするための調査を全面的に支援し、エネルギーの確保のためさらなる措置をとる。ヨーロッパのエネルギーインフラを意図的に壊そうとする行為は受け入れられず、われわれは断固として、そして結束して対応する」としています。