サッカーJ2 いわてグルージャ盛岡にJ1参加のライセンス交付

サッカーのJリーグは、来シーズンJ1に参加できるクラブライセンスを、新たにJ2の「いわてグルージャ盛岡」に交付しました。

Jリーグでは、クラブの健全な運営や充実した観戦施設の整備などを目的に「クラブライセンス制度」を設けていて、スタジアムの収容人数などの条件を満たさなければリーグ戦に参加できない仕組みになっています。

Jリーグは、27日、来シーズンのJ1のライセンスを交付するクラブを発表し、新たにJ2の「いわてグルージャ盛岡」に交付しました。

グルージャは現状でライセンスの交付の条件の1つになっている1万5000人以上を収容できるスタジアムを確保できていませんが、今後、基準を満たしたスタジアムを整備することなどを条件に例外的にJ1のライセンスが交付されました。

また、27日はJFLのラインメール青森など6チームにJ3のクラブライセンスが交付されました。

一方、同じくJFLで都内に本拠地を置くクリアソン新宿については、ホームスタジアムの確保などの基準を満たせず、ライセンスは交付されませんでした。

これについて、Jリーグの野々村芳和チェアマンは「東京23区内にまだJリーグのクラブがない。スタジアムの確保については都心部と地方では環境が違う。この先、Jリーグの将来像を考えたときに必要な見直しを検討したい」と話しました。