サッカー日本代表【詳しく】エクアドルと引き分け

サッカーの日本代表は11月に開幕するワールドカップカタール大会のメンバー発表前、最後の強化試合として27日、エクアドル代表と対戦し、0対0で引き分けました。
【試合の経過 詳細あり】

世界ランキング24位の日本代表は、11月に開幕するワールドカップカタール大会に向けて27日、ドイツ・デュッセルドルフで世界44位のエクアドルとの強化試合を行いました。

日本は本大会を見据えて23日のアメリカ戦から先発メンバー全員を入れ替え、攻撃の司令塔、トップ下に南野拓実選手が入ったほか、右サイドの攻撃的なポジションに堂安律選手、ボランチに田中碧選手などを起用しました。

日本は前半、エクアドルの粘り強い守備に対しチャンスを思うように作れず、逆に押し込まれる展開が続きましたが得点は与えずに0対0で折り返しました。
後半は、途中出場でワントップに入った上田綺世選手が起点となってチャンスを作るなど相手ゴールに迫る場面が増えましたが得点にはつながりませんでした。

一方、守備ではペナルティーキックのピンチをシュミット ダニエル選手が好セーブを見せて防ぐなど最後まで得点を与えず0対0で引き分けました。

GKシュミット ダニエル「なんとか0点に抑えられた」

ペナルティーキックを止めるなど再三のピンチを好セーブでしのいだキーパーのシュミット ダニエル選手は「コーナーキックで嫌なところにずっとボールを入れられて、それをしのぐのがけっこう大変で危ないプレーもあったが、なんとか0点に抑えられた。ペナルティーキックも止めることができてよかった」と試合を振り返っていました。
そして開幕まで2か月を切ったワールドカップに向けて「所属チームで結果を出すこと、チームの順位を少しでも上に押し上げ、勝つ集団を作っていくことが代表の活動につながると思う。そこを意識して頑張っていきたい」と意気込んでいました。

森保監督「選手たちが粘り強く戦ってくれた」

日本代表の森保監督は「エクアドルに押されるシーンも多かったが、前半から選手たちが粘り強く戦ってくれた。後半もピンチはあったが、われわれのペースに持って行けた」と振り返りました。
そして、選手たちに求めることについては「ワールドカップに向けて、まずは所属チームでチームを勝たせる存在として存在感を見せてもらいたい。それが代表の強化につながると思うので、頑張ってほしい」と話していました。

シュミット ダニエル 正GKへ猛アピール

エクアドル戦はワールドカップに向けたメンバー発表前、最後の強化試合でした。森保監督は「2チーム分の戦力が必要だ」として23日のアメリカ戦から先発メンバー全員を入れ替えて臨みましたが、なかなか主導権を握れないまま0対0の引き分けに終わりました。
ただ、試合の中で活躍が目立ったのがゴールキーパーのシュミット ダニエル選手です。
アジア最終予選でレギュラーを務めた権田修一選手が、アメリカ戦で背中を痛め離脱する中、先発を任されると、1メートル97センチの長身を生かしてコーナーキックなどからの再三のピンチを防ぎました。
最大の見せ場は0対0で迎えた後半のペナルティーキックの場面。
「相手が蹴る前にたくさん動いて少しでも相手を動揺させようと思った」と左右にステップしながらタイミングを取り「最後は自分を信じた」と右側に飛んでセーブし、絶体絶命のピンチを切り抜けました。
シュミット選手は「苦しい展開で最低でも勝ち点1に持っていきたい試合だった。その一助になれて良かった」と振り返りました。
森保監督は「ピンチが多かった中、最後の砦としてビックセーブしてくれて試合が引き締まった。非常に大きな仕事をしてくれた」と評価しました。シュミット選手は「無失点は何よりもほしい結果だった。チームを勝ちに導けるプレーヤーとして見てもらうために所属クラブでも結果を出すことを意識してやりたい」と残り2か月を切った本大会に向け、決意を新たにしていました。

<試合の経過>

【試合開始】

日本代表とエクアドルの強化試合は、日本時間の午後9時前、日本のキックオフで始まりました。

【前半2分】

エクアドルの選手がペナルティーエリアの外から両チーム通じて初めてとなるシュートを打ちましたが、枠を外れました。

【前半6分】

ドリブル突破を試みた三笘選手へのファウルでエクアドルのバイロン・カスティジョ選手にイエローカードが出されました。

【前半7分】

日本は左サイドから三笘選手が上げたクロスボールにゴール前の南野選手が頭で合わせましたが、枠を外れました。

【前半14分・16分】

ピッチ中央のスプリンクラーが誤作動して、試合が一時中断しました。

【前半20分】

エクアドルに日本の右サイドからクロスボールをあげられ、長友選手がクリア。このボールをシュートされましたが、枠の外でした。

【前半22分】

日本はコーナーキックからピンチを招き、エクアドルの選手にゴール前にこぼれたボールをシュートされましたが枠の上でした。日本はこの時間帯エクアドルに攻められる展開が続いています。

【前半35分】

日本は、三笘選手がペナルティーエリア付近でボールを奪い、ゴール前に切り込んだ古橋選手にパスを出しましたが、相手に防がれてシュートにはつながりませんでした。

【前半37分】

日本はペナルティーエリアの外からエクアドルの選手にミドルシュートを打たれましたが、キーパーのシュミット ダニエル選手が止めました。

【前半40分】

日本は、ペナルティーエリア内で南野選手が相手のパスにさわってボールが古橋選手の前に。古橋選手は左足でシュートを打ちましたが、相手のゴールキーパーに止められました。

【前半43分】

日本はエクアドルの選手に中央をドリブルで突破されてシュートを打たれますが、ゴールポストに当たりピンチを逃れました。

【前半終了】日本0ー0エクアドル

前半が終了しました。日本はアディショナルタイムのエクアドルのコーナーキックからの攻撃を防ぎ、前半を0対0で終えて、後半に臨みます。

【後半開始】

日本時間の午後10時すぎに後半が始まりました。

▼日本 選手交代 古橋選手→上田選手
▼エクアドル 選手交代 ロマーリオ・イバラ選手→ジェレミー・サルミエント選手

【後半12分】

左サイドをドリブルで突破した三笘選手が鋭いクロスボールを中央に。このボールを南野選手が左足で直接シュートしましたが枠の外でした。

【後半22分】

日本は3人の選手が交代しました。
▼柴崎選手→遠藤選手
▼南野選手→鎌田選手
▼三笘選手→相馬選手

【後半23分】

日本はエクアドルにペナルティアーエリア内からシュートを打たれましたが、枠の外でした。

【後半25分】

途中出場の相馬選手が左サイドをドリブルで突破しクロスボールを上げました。このボールを上田選手が頭で合わせましたが、枠の外でした。

【後半31分】

エクアドル 2人選手交代
▼ホセ・シフエンテス選手→エネル・バレンシア選手
▼アンヘル・メナ選手→ニルソン・アングロ選手

【後半33分】

鎌田選手へのファウルでエクアドルのヘグソン・メンデス選手にイエローカードが出されました。

【後半34分】

日本は鎌田選手が持ち込みゴール前で上田選手にパス。上田選手の足下からこぼれたボールを堂安選手がシュートしましたがゴールキーパーにはじかれました。さらに、このこぼれ球を上田選手が頭で押し込みましたが再びゴールキーパーに止められゴールはなりませんでした。

【後半35分】

日本はペネルティーエリア内で谷口選手がファウルし、ペナルティーキックを与えました。それでもこのペナルティーキックをシュミット ダニエル選手が横っ飛びの好セーブではじきピンチを切り抜けました。

【後半39分】

日本 選手交代
▼長友選手→吉田選手
▼堂安選手→伊東選手

【後半40分】

日本はサイドからクロスボールをあげられヘディングシュートを打たれますが、シュミット ダニエル選手の好セーブで再びピンチをしのぎました。

【後半44分】

日本は、右サイドから鎌田選手がゴール前に切り込んでシュートを打ちましたが、相手のゴールキーパーに止められました。

【後半 アディショナルタイム】

エクアドル 選手交代
▼ミゲル・エストラーダ選手→ジョルカエフ・レアスコ選手

【試合終了】日本0-0エクアドル

試合は終了し、日本はエクアドルと0対0で引き分けました。

日本代表メンバー

▼先発メンバー
<GK>
23 シュミット・ダニエル
<DF>
2 山根 視来
3 谷口 彰悟
5 長友 佑都
28 伊藤 洋輝
<MF/FW>
7 柴崎 岳
9 古橋 亨梧
10 南野 拓実
18 三笘 薫
17 田中 碧
21 堂安 律

▼控え選手
<GK>
1 川島 永嗣
30 谷 晃生
<DF>
19 酒井 宏樹
20 中山 雄太
22 吉田 麻也
<MF/FW>
6 遠藤 航
8 原口 元気
11 久保 建英
13 守田 英正
14 伊東 純也
15 鎌田 大地
24 旗手 怜央
26 上田 綺世
27 相馬 勇紀
29 町野 修斗

エクアドル代表メンバー

エクアドルの世界ランキングは44位と、日本の24位よりも下ですが、メンバーの中にはイングランドプレミアリーグやスペイン、ドイツなどのクラブでプレーする選手もいて、南米予選を勝ち抜いて4回目となる本大会の出場権を獲得しました。
▼先発メンバー
<GK>
1 エルナン・ガリンデス
<DF>
2 ジャクソン・ポロソ
3 ピエロ・インカピエ
6 バイロン・カスティジョ
7 ペルビス・エストゥピニャン
<MF>
5 ホセ・シフエンテス
10 ロマリオ・イバラ
15 アンヘル・メナ
20 ヘグソン・メンデス
23 モイセス・カイセド
<FW>
11 マイケル・エストラダ

▼控え選手
<GK>
12 ゴンサロ・バジェ
22 アレクサンデル・ドミンゲス
<DF>
4 ルイス・フェルナンド・レオン
14 サビエル・アレアガ
17 アンヘロ・プレシアド
18 ディエゴ・パラシオス
24 ウィリアム・パチョ
<MF>
8 カルロス・グルエソ
16 ジェレミー・サルミエント
21 パトリックソン・デルガド
25 ニルソン・アングロ
26 アントニー・バレンシア
<FW>
9 ジョルカエフ・レアスコ
13 エンネル・バレンシア

ワールドカップ メンバー発表前 最後の強化試合へ

日本は23日に行われたアメリカとの強化試合ではアジア最終予選で多用したフォーメーションを変更し、ボランチを2人にして攻撃の司令塔、トップ下のポジションに鎌田大地選手を起用する「※4-2-3-1」で臨み、鎌田選手の先制ゴールなどで2対0で快勝しました。
(※▼「4」はディフェンダー▼「2」はボランチ▼「3」は左サイド、トップ下、右サイド▼「1」はセンターフォワード)

エクアドル戦に向けて森保監督はアメリカ戦と同じ「4-2-3-1」で臨む考えを示しましたが、本大会を見据えて先発メンバーを全員、入れ替えることを明らかにしていました。
その狙いについて森保監督は「ワールドカップのドイツ戦は初戦のプレッシャーや相手の力を踏まえても想像以上に大きなエネルギーを使う。1試合ずつメンバーを入れ替えながら勝っていけるように準備しておかなければならない」と説明しました。

また、エクアドル戦は本大会のメンバー発表前の最後の強化試合となることから選手にとっては26人のメンバー入りに向けた貴重なアピールの場となります。

アメリカ戦で出場機会がなかった南野拓実選手は「競争という部分で結果にこだわることを意識してプレーしたい」と話し、谷口彰悟選手も「試合に出る選手にとってはチャンスだし、このチャンスを生かさないといけない。ギラギラ感を持ちながら試合に臨みたい」と意気込みを示していました。
本大会で目標とするベスト8以上を目指すために森保監督は「2チーム分の戦力が必要だ」と考えていてアメリカ戦で控えに回った選手たちが実力を発揮し、残り2か月を切った本番に向けて「2チーム分」の選手層の厚さを示すことができるのか、注目された試合でした。