台風15号で大規模断水 清水エスパルスが無料で飲料水を提供

台風15号の影響で大規模な断水が続く静岡市清水区に本拠地を置くサッカー・J1の清水エスパルスが、断水している世帯に向けて、飲料水を無料で提供しました。

無料提供は、27日午後4時から清水区の日本平にある「IAIスタジアム日本平」で行われました。
提供されたのは、飲料水が9.5リットル入ったウォーターサーバー用のボトルで、乾貴士選手や清水区出身の立田悠悟選手などが車や自転車で訪れた人たちに対して次々とボトルを手渡していきました。
清水区の47歳の女性は「水道から生活用水は出るものの飲める水がほしかったので助かりました。料理などに使うつもりです」と話していました。

立田選手は「大変な状況だという話が耳に入っていたので、こうした取り組みができてよかったです。今後はプレーでも困っている人たちを元気づけたいです」と話していました。