米山隆一衆議院議員が立民に入党 新潟5区から無所属で当選

去年の衆議院選挙で新潟5区から無所属で立候補して当選した米山隆一衆議院議員が、27日、立憲民主党に入党しました。

米山氏は、新潟県知事などを経て、去年10月の衆議院選挙で新潟5区から無所属で立候補して初当選し、国会では無所属のまま立憲民主党の会派に入って活動してきました。

米山氏は、野党の共闘に向けて本格的な活動を進めたいとして立憲民主党に入党届を提出し、27日、党の常任幹事会で認められました。

米山氏は常任幹事会であいさつし「皆さんと力を合わせて政府の問題点を追及し、来年春の統一地方選挙での勝利や政権交代を実現するために全力を尽くしていきたい」と述べました。

岡田幹事長は記者会見で「非常に優秀で、パワフルな発信をしており、大いに党の力になってもらえると期待している」と述べました。