安倍元首相「国葬」反対の市民グループが会場周辺で中止を訴え

安倍元総理大臣の「国葬」の会場となった東京の日本武道館の周辺では、国葬に反対する市民グループがデモ行進して「国葬」の中止を訴えました。

日本武道館から1キロほど離れた東京 千代田区の公園では、27日午前11時前から、反対する市民グループが集会を開きました。

会場では、登壇した人たちが「安倍政権がやってきた政策は少数派を切り捨てていて、認められない。国葬はおかしいという声を上げ続けよう」などと述べ、国民の意見が分かれる中で「国葬」が実施されることを批判しました。

このあと、「国葬反対」などと書かれたプラカードを掲げた参加者らは、国葬への抗議の声をあげながら、デモ行進を行い、日本武道館の近くまで来ると、一層声を張り上げて、訴えていました。

デモ行進には、主催者発表でおよそ600人が参加したということです。

参加した20代の男子大学生は「国葬をこのまま行うことに疑問を感じ、反対の意思を示したくて初めてデモに参加しました。世論調査では反対が過半数を超えていて国民の分断が続いていると思います」と話し、60代の女性は、「法的根拠があいまいなまま国葬を強行することは認められないと思います。生活が苦しい人がたくさんいる中で税金を投入しないでほしい」と話していました。

また、沖縄県出身の40代の女性は、「反対の声を上げても聞く耳を持たず強行する姿勢が基地問題と重なります。国民の声を聞かないのは、民主主義ではないと思います」と話していました。

会場周辺に複数の市民グループ集まり騒然も

また、日本武道館の周辺では、安倍元総理大臣の「国葬」が始まった午後2時ごろになると、複数の市民グループが集まり騒然とする場面も見られました。

このうち「靖国通り」の九段下交差点には、国葬の反対を訴えるグループや国葬を支持するグループなど、複数の市民グループが集まって拡声機でそれぞれの主張を訴えていて、混乱や衝突を防ぐため、大勢の警察官が出動して、警戒にあたっていました。

日比谷公園では約2500人が集会 デモ行進も

安倍元総理大臣の「国葬」に反対する市民グループは都内で集会を開き、「弔意を強制する国葬には反対だ」などと訴え中止を求めました。

市民グループは「国葬」の開式に先立って、27日正午すぎ、東京 千代田区の日比谷公園で集会を開き、主催者発表によりますと、およそ2500人が集まりました。

集会では、呼びかけ人の1人で、作家の落合恵子さんが「私たちの血税は市民の暮らしにこそ使われるべきだが、それが国葬に使われている。何のための国葬か問いかけたい。国民のことを考えていないという事実に、私たちには抗議する権利があり、その思いを後世に残していかないといけない」と訴えました。

このあと参加者たちは「国葬反対」とか「弔意の強制を拒否します」などと書かれたプラカードや横断幕を掲げ、日比谷公園を出発して1時間余りにわたって都内をデモ行進しました。

千葉県から参加した74歳の自営業の男性は「税金を使うので国会の承認を得るべきだが、それが難しいので閣議決定で決めた。そのプロセスは理解できないもので決して認められない。多くの国民が反対していることを今後に伝えるためにも最後まで声をあげたい」と話していました。

都内の女子大学生は「多くの人が反対しているのに、政府の判断で国葬が行われようとしている状況に我慢できず、声をあげないといけないと思い参加しました。安倍さんが亡くなった時はなぜこんなことが起こったのかと思いましたが、国葬という形で美化するのは間違っていると思います」と話していました。

国会議事堂の周辺でも集会

安倍元総理大臣の「国葬」が行われる時間に合わせ、国会議事堂の周辺では、反対する市民グループなどが集会を行いました。

この集会は市民グループの呼びかけによるもので、国会議事堂の周辺には昼すぎから参加者が集まりました。

そして「国葬は憲法違反」などと書いた紙を掲げ、国葬の時間に合わせて午後2時に集会が始まると、「国葬反対、今すぐ中止」などと声をあげていました。

集会では、壇上に野党の代表などの国会議員が立ち、国会の関与がないまま国葬の実施に至ったことを改めて非難しました。

続いて登壇した法政大学の前の総長の田中優子名誉教授は「今回の実施は国会の軽視で、国民の無視、民主主義の破壊だ。この時代錯誤な取り組みの行方や国会の動きを私たちは注視していかなければいけない」などと訴えました。

参加した53歳の自営業の男性は「公費で行う国葬なのに、国会を通さずに閣議で決めてしまって納得がいかない。国葬の実施が悪い前例になってしまうとこれから先が心配だ」と話していました。

また、52歳のパートの女性は「安倍さんの森友や加計学園、『桜を見る会』をめぐる問題などの説明に納得できず、どうして国葬なのかという気持ちがある。子どもたちの将来のためにも今後の政治をしっかり見ていきたい」と話していました。

集会の様子を見に来たという32歳の女性は「税金を使うのに民意が反映されていない印象で、どちらかといえば反対だ。半分、強行突破したような形で国葬を実現し、今後、国民が政治をどう評価するのか注目したい」と話していました。

この集会には、主催者発表によりますとおよそ1万5000人が参加したということです。

大阪 市民団体のメンバーなど反対集会やデモ行進

安倍元総理大臣の「国葬」をめぐり、大阪市では市民団体のメンバーなどが反対する集会やデモ行進を行いました。

大阪 北区の中之島公園では、27日午後1時半から「国葬」に反対する市民団体のメンバーらが集会を開きました。

主催した市民団体の代表は「国会で議論しないまま、国が税金を使って特定の個人の葬儀を行うことに強く抗議する」などと述べ、「国葬」の実施を批判しました。

このあと参加者たちは「国葬反対」などと書かれたプラカードや横断幕を掲げ、大阪市中心部の御堂筋などをおよそ2キロにわたって行進しました。

デモ行進には主催者の発表でおよそ350人が参加したということです。

参加した60代の女性は「私たちの主張が聞き入れられないまま国葬が行われ、悲しい気持ちです。貧困や災害で困っている人がいるので、ほかに税金の使いみちがあると思います」と話しました。

また、70代の男性は「国民の意見をしっかりと聞いてから国葬の実施を決めるべきだったと思います」と話していました。

広島 市民団体が集会 反対を訴え

安倍元総理大臣の「国葬」について、広島市で市民団体が集会を開き、反対を訴えました。

集会は、複数の市民団体が呼びかけて広島市中区の商業施設が建ち並ぶエリアで行われ、主催者によりますと、およそ140人が集まりました。

参加者は「国葬に反対します」などと書かれた横断幕やビラを掲げてアピールしていました。

また、広島県被団協=広島県原爆被害者団体協議会の佐久間邦彦理事長が「国会で議論せず閣議決定し、国民に十分な説明もなく一方的に準備が進められてきた」などと批判していました。

集会の呼びかけを行った川后和幸さんは「国葬には法的根拠がなく、こうした状況で開催することには反対です」と話していました。

反対運動に参加の若い世代 政府に危機感も

安倍元総理大臣の国葬の反対運動に参加していた若い世代の人からは、「反対の声があっても政府が押し切ることに危機感がある」という声が上がっていました。

国会前で開かれたデモに参加した福田和香子さん(28)は、第2次安倍政権の2015年からよくとしにかけて、「SEALDs」のメンバーとして安全保障関連法の廃止などを訴えました。

憲法をないがしろにされていると感じていた福田さんは、今回の国葬について「安倍氏が長く総理大臣を務めたからといって豊かになった人はごくわずかで、それ以外は苦しい生活をしている」と批判しました。

そのうえで、「安倍氏が最後に残したのは、市民が反対していても押し切る負のレガシーだ」と危機感を語り、「SNSなども使って声を上げ、政治について考える時間や人を増やしていきたい」と話していました。

栃木県からデモに訪れた米竹玲音さん(18)は、総理大臣だったころの安倍氏について、「人情味のある人で、外交面は評価していた。しかし、森友学園や加計学園、『桜を見る会』などの問題が出てくるうちに、真実を明らかにしてほしいという思いが強くなってきた」と振り返っていました。

今回、デモに参加したきっかけについて「閣議決定で物事を決めるという暴走が今後も行われるかもしれないと思い、反対の声をあげたいと思った」と話していました。