安倍元首相「国葬」 警視庁は最高レベルの2万人態勢で警備

安倍元総理大臣の「国葬」が行われる27日、警視庁は最高レベルの、およそ2万人の警戒態勢で都内の警備に当たります。
元総理大臣の銃撃事件を受けて要人警護の運用を抜本的に見直して以降、初めての大規模警備となり、多くの警察官を配置して不測の事態に備える方針です。

東京 千代田区の日本武道館で行われる「国葬」に合わせ、警視庁は、27日これまでの警戒レベルをさらに引き上げ、警視総監をトップとする「最高警備本部」を設置して、およそ2万人の態勢で都内の警備に当たります。

会場周辺や大使館、要人が宿泊するホテルなどでは、警察官を増員して配置し、パトロールや検問を強化するなどして、警戒を続けています。

会場では、不審物が持ち込まれないよう参列者への手荷物検査を徹底するほか、テロなどが起きた際に、銃器で対応する部隊や不審なドローンに対応するための機材も配置します。

また、安倍元総理大臣の遺骨を乗せた車が通る沿道には、見送りのために訪れる人が見込まれることから、多くの警察官を配置し、警戒に当たります。

さらに、近くに設置される一般向けの献花台をはじめ、都内の主要な駅や空港などにも不特定多数の人が訪れることから、警備を強化して不測の事態に備える方針です。

都内では、首都高速道路が都心部の広い範囲でおよそ9時間にわたって通行止めになるほか、会場の周辺などの一般道も通行が規制されます。

元総理大臣の銃撃事件を受け、警察庁は、先月要人警護の運用を抜本的に見直していて、今回は、新たな運用のもとでの初めての大規模警備となり、隙のない態勢で安全を確保できるかが問われることになります。

一般道の規制予定(日本武道館や北の丸公園周辺)

一般道の規制予定(迎賓館や神宮外苑周辺)