吉野家 来月値上げ「牛丼並盛」448円に 本体価格平均18.8円↑

牛丼チェーン大手の「吉野家」は、原材料価格の高騰や急速な円安の影響などを受けて来月1日から値上げすることになりました。

発表によりますと吉野家は、一部の商品を除き本体価格で平均18.8円の値上げになるということで、このうち「牛丼 並盛」は店内で飲食する場合税込みで今の426円から448円になります。

また、同じグループでうどんチェーンを展開する「はなまる」は、来月1日からうどんとカレーの合わせて22の商品について、10円から100円値上げします。

主なものでは、うどんの「かけ(小)」が今の税込み240円から270円に引き上げられます。

原材料費の上昇に加え、円安や原油高でエネルギーや物流のコストの高騰が続いているためとしています。